無線LANの接続が切れるようになってきたので

私が書斎として使っている3Fのクローゼットにネットワーク機器関連を置いているのですが、 ここに無線LANルータをアクセスポイントとして置いていますが、2FのリビングのFire TV Stickからの接続が調子悪かったりします。

無線LANはバッファローのWSR-2533DHP2を使っていて、これは4ストリームでカタログスペックは高いものの、 距離が離れると無線LANの接続品質がかなり低下してしまったります。

そもそも、WSR-2533DHP2に対して3ストリームの子機、2ストリームの子機、その他色々な機器を繋げているので、 これも速度低下や直ぐに接続が切れてしまう原因というのもあります。

そこで、可能であればメッシュwi-fiでも導入したいところですが、3Fのクローゼットから無線で飛ばすには 限界が有ったりします。そこで有線で2Fのリビングまで引き延ばして、リビングにもう1台の無線LANルータを置きたいわけです。

きし麺タイプのLANケーブルで引き延ばす手もありますが、流石に新築してから1年も経っていない家なので、 余り汚くしたくないわけですよ。 そうなると、家の壁の内部にLANケーブルを通す方法がありますが、 丁度電話線のためにCD管が3F書斎と2Fリビングの間でつながっていたりします。

業者に依頼すると結構な料金すると思いますが、ここはDIYの精神で自分で配線をやってみようと思い、 早速アマゾンで通線ワイヤー、20mのLANケーブル、Panasonicぐっとすシリーズ 情報モジュラージャックNR3170W×2を購入しました。

価格は 通線ワイヤー30mが税込1890円 CAT6の20mのLANケーブルが税込1856円 モジュラージャックが税込1109円×2 で合計5964円と、ギリギリ6000円以内で済みました。

3Fクローゼット内の電源カバーを外します。

0 […]