八ヶ岳高原清里散策(その3)

八ヶ岳高原清里散策(その2)の続き

吐竜の滝から30分位歩いて、ようやく清里駅前に到着しました。

kiyosato_055

バブルの頃は賑やかだったところも、今じゃこの有様。

無理に作られたブームというのは長くは続かず、
何時か必ず弾けて廃墟と化していくのは仕方無いのですかね。

kiyosato_056

メルヘンチックな街並みも色あせてしまっています。

kiyosato_057

YOUTUBEでみた1980年代の清里駅前は、このシーズンなら
人で溢れかえっていました。

kiyosato_058

ミルクポットも劣化が進行しているようです。

kiyosato_059

一度盛り上がってから、継続的に投資をしていかないと、
経年劣化で粗が見え始め、そうすると人が訪れなくなり、
人が行かなくなると投資する資金が枯渇するという、スパイラルで
気が付くと廃墟群になったりする感じなんでしょうね。

kiyosato_060

小海線の本数が少なすぎて鉄道を使って
訪れようとする人は限られてしまいますからね。

鉄道が集客能力を持たなくなると、当然駅前はシャッター通りになりますね。

まぁ、そんな感じで清里駅まで戻ってきましたが、
今度は13時20分発の「清里北部周遊ルート」の周遊バスに乗ります。

 

kiyosato_061

バスには冷房装置が無く、車内は壊れた玩具の扇風機がカタカタ音を立ててますが、
それじゃ暑いので窓を開けているのですが、なんと車内にハチが入ってきて周りの人が
騒然としていました。

暫くするとハチは勝手に窓から出て行きましたけどね。

kiyosato_062

周遊バスに乗って、清里ハイランドパークまで来ました。

kiyosato_063

お腹空いてきたので、何か昼食をとる事にします。

kiyosato_064

サンメドウズのパン屋さん「清里ベーカリー」で、
自家製スモークサーモンサンドを注文。
サンドがとても長いです。

昼食後は少し散歩します。

kiyosato_065

冬はスキー場のゲレンデになるようですが、
オフシーズンもリフトが動いていて、
リフト乗ると景色が綺麗なテラスに行けるそうです。

今回はこのあと美し森へ行く予定でしたので、
リフトには乗りませんでした。

kiyosato_066

10分程度景気を見た後、美し森に向けて坂を下って行きます。

kiyosato_067

殆どが車で来た人なので、歩いている人は稀です。

kiyosato_068

サンメドウズの入口まで戻ってきました。

kiyosato_069

下り坂を歩いている途中、周遊バスの時刻表を確認すると、
丁度良い時間にバスが有って、失敗したと思いました。

ただ、失敗したなりに周遊バスよりも早く到着しようと、速足で坂を下り、
約5分程度周遊バスより先に美し森の入口に到着しました。

kiyosato_070

またシャッターが降りた店がありましたが、
以前来たときは開いていたような気がします。

kiyosato_071

美し森ヘは、少し階段を上がっていきます。

kiyosato_072

 

kiyosato_073

運動不足なので、かなりキツイ登り。

kiyosato_074

まぁ、それ程大した距離ではなく、たった200mなんですけどね。

kiyosato_076

美し森展望台に到着しました。

kiyosato_075

早速、日本一美味しいソフトクリームを食べる事にします。

kiyosato_077

ソフトクリーム・・・

kiyosato_078

なんか、展望台が随分経年劣化しているような気がしますね。

とりあえず、中に入ってテレビ観てたオジサンにお願いして、
ソフトクリームを出してもらい、展望台の2Fに上がりました。

kiyosato_079

この景色の中で食べるソフトクリームは格別です。

kiyosato_080

これ、何気に清泉寮のソフトクリームに喧嘩売ってる気がwww

kiyosato_081

しかし、人がいないです。
美し森人気無いんですかね。

kiyosato_082

15分位美し森からの景色を堪能してました。

kiyosato_083

まだ私が*istDSを入手して間もない頃に訪れた時と
同じ風景をK-30でも撮りました。

kiyosato_084

また何時かこの景色を観に再訪します。

kiyosato_085

展望台から降りて来て、トイレを借りて周遊バスが来るのを待ちます。

八ヶ岳高原清里散策(その4)の続き

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください