ベランダのバジルが

最近はかなり晴天の日が続いたお陰で、バジルが良く育ってきました。

という事で、一番先端部分を少し収穫してモッツァレラチーズにのせて、
ペッパーとオリーブオイルを掛けて食べました。

と言うのも、去年までは丁度良く成長してきた時期に、ベニフキノメイガが
卵を産み付けられて、新芽の部分を食い荒らされて、酷い目にあったので、
今年はしっかりとカバーをして育ててきました。

私的には余りリターンの旨味が無いような植物は育てたくなく、
そういった野菜やハーブはプロが作った物をスーパーで買う方が良く、
育て易いけど、市場に出ている数が少ない理由で値段が高いハーブを
育てていて、バジルの他にクレソンも育てていたわけですよ。

新百合ケ丘のオーパの地下の店で、半額で売っていたクレソンを買って少し残しておいて、
水耕栽培で根を出してから、水捌けの良い土を作って植えてみたら、
かなり豪快に育ったわけですよ。
流石にクレソンは繁殖力が凄いので、素人でも多少の知識があれば育てられるわけです。

それが、今年の春から、小さな蛾やナメクジに目を付けられて
かなり強烈に食われて、葉っぱが全て無くなり、光合成出来ないので枯れてしましました。

途中で暫く食べる事を諦めて、市販の農薬スプレーを撒いたら逆効果でした。

このクレソンにたかった蛾の名前は、小菜蛾と言う名前で、
世代交代が異常に速いため、かなりの種類の農薬に対して耐性を獲得しているそうです。

だから、余り考えなしに農薬を撒くと、小菜蛾の天敵であるクモやゴミムシだけを死滅させて、
小菜蛾だけ残るという最悪の環境が出来上がるわけです。
もうそうなると、小菜蛾にとっては天国、私が毎日幼虫を探して退治したところで追いつくわけも無く、
無残な状態に枯れてしまうわけです。

という事で、結論は蛾が飛散して卵を産み付けられるような場所での栽培は、
必ず網を掛けておいて、蛾に目を付けられないようにするのが一番のようです。

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください