Raspberry Pi2にFreeBSD 12.0-RELEASEを入れてみた

Raspberry Pi2にFreeBSD 12.0を入れてみました。
と言っても、LinuxのようにNOOBSという超絶便利な仕組みで
Raspbianを入れられるような初心者にも優しい設計ではなく、
ddコマンドを使ってMicroSDに展開するわけですけどねw

FreeBSDを起動すると、まずはWindowsのTeratarmからSSHで接続するわけですが、
これがパスワード拒否される。
よくよく考えるとsshd_configすら殆ど素のままなので、自分で変更してあげる必要があるわけですよ。
しかし、FreeBSDは101キーボードとして認識しているのに、直ぐに用意できるキーボードが
日本語109キーボードなわけで、vimエディタで恐る恐る試しながら操作しました。
viエディタは普通に使えますけど、保存のために「:」がどのキーを押したら良いのかすぐには分からないわけですよ。

というか、UbuntuとかRaspbianは最初からSSHで接続できるようになってるので、
親切さが身に染みました。
逆の見方をすると、殆ど素のままで、自分で弄りながら覚えている方が好きなら、
FreeBSDは最適だと思います。

まぁ、TeratarmからSSHでログインできるようになれば、後は直接接続した109キーボードを操作する
必要が無く、ブラウザで調べながら、端末操作できるのでここからは楽になります。

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください