またBT6130のCPUを交換しましたの続き

またBT6130のCPUを交換しましたの続きになりますが、
一応CPU-ZとCINEBENCH R20でも計測してみました。

こちらが元々装着されていたCeleron G1620、ネットサーフィン等の負荷の掛かるような使い方をしなければ、
普通にレスポンスが良く、昔のように使い物にならないといった事は無く、
良い時代になったと思いますよ。
特にメモリを多めに搭載して、補助記憶装置をSSDにすればサクサク動きます。
これがSocket370世代のCPUとかだと、体感速度で結構変わったりしたんですけどね。

交換したCore i3 3220T、はっきり言ってアイドル時の消費電力は大して変わらないので、
Celeronから交換しなくても良かった気もしますが、税抜1480円なので良いかなと。

以前もう一台のBT6130をCore i5 3470Sに交換した時も計測しましたが、
大体同じような数値になりました。

Celeron G1620と比べて1.5倍程度性能アップ。
L3キャッシュの容量が1.5倍と2C2Tから2C4Tではこの程度なんでしょうね。

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください