転送量削減する為にPROXYサーバ構築

0円でW-ZERO3[es]を買ったは良い物の、流石に3回線もEDGEを契約していると、
毎月の出費が気になるところです。

今まで下記の契約で2回線持っていて、大体月8000円弱

京ぽん2:音声定額(2900円)+リアルインターネットプラス(2100円)
京ぽん:音声定額(2200円)

京ぽんの方は親が使っている感じですが、今回これに[es]が加わると、

京ぽん2:音声定額(2200円)+リアルインターネットプラス(2100円)
京ぽん:音声定額(2200円)
[es]:音声定額(2200円)+データ定額(1050円~3800円)

となり、 これが毎月になると厳しくなってきます。

そこで、とりあえず京ぽん2のリアルインターネットプラスは解約するとして、
[es]のデータ定額は2段階の準定額なので、パケット量を毎月10万以下にすれば
1050円で済みます。

この10万パケットはデータ量で計算すると、約12.2MBと記載されていますが、
自分のサイトのトップページなんか今測ったら500KB超えてるのね。
こんなんじゃ毎日自分のトップページを開いただけで12.2MBなんか余裕で超えちゃいます。

以前は極力データ量を削減しながら作っていたのですが、ブロードバンドが普及してきたので、
それ程気にせず自動更新化したわけですが、改めてちょっと考え直して削減を進めたいと思います。

それでまぁ、自鯖を動かしているので、ついでにPROXYを導入してうち経由で軽量化後に[es]にデータを渡せば
データ量削減出来るのですが、そこでairporxyという便利なプログラムを動かしてそれを実現してみました。

このプログラムはJavaなので、実行にはSUNのJRE5.0 をが必要になります。
自分はLinuxなのでLinux用のrpmファイルを使いました。
その後、airproxy設定後ポートを空けて動作確認をしました。

ちなみに、PCでどの程度データ量が削減されたのか、PROXY導入前後で合計のファイルサイズを確認してみました。
画像の縮小設定は初期状態です。 ダウンロード後は毎回キャッシュを消去しました。
例:サイト(導入前 -> 導入後)

www.yahoo.co.jp(149KB -> 76.3KB)
www.akibablog.net(720KB -> 284KB)
yosea.sytes.net(528KB -> 168KB)

劣化具合は下記の画像をごらんください。

airproxy_01.jpg

yahoo!

airproxy_02.jpg

よっseaトップページ

airproxy_03.jpg

よっすぃブログ

airproxy_04.jpg

あきばおー

大体、1/2~1/3程度に圧縮されました。

ちょっと劣化が激しいので設定をいじらないとダメですね。
より画像を沢山使っているサイトだともっと圧縮出来ますが、PROXYの処理時間が掛かるので
端末での表示速度はそれ程速くならないと思います、ただし転送量は激減出来ますが。
ちなみにまだ動作テスト中ですし、問題が発生したりして
急にサービスを突然止めるかも知れませんが、公開しておきます。

adress:yosea.sytes.net
port:8080
user:clubh
pass:clubh

HTMLも多少崩れるものの無駄なタグ等を消してたりして、かなり使えます。

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください