最近の投稿

那須高原の記憶(後半戦)

どうやら、前半戦で飛ばしすぎたので残りのネタが少なくなったので、中盤戦は無しでいきなり後半戦になりました。

さて、殺生石ですが、駐車スペースが少ないのですが、それ程長居する場所じゃないので
続々と発車していくのでスムーズに駐車することが出来ました。


硫黄の香ばしい臭いがしてきましたよ~、凄く温泉入りたい気分ですが、
それと同時に硫化水素の恐怖も脳によぎります。

何せ、硫化水素は空気よりも重く、風が無い日は特に危険で、
濃度が濃い場所に運悪く留まると自覚症状無しに逝きますからね
こういう場所に来たら一箇所に留まらずに滞留していそうな場所を避けて移動しているのが無難ですね。

何か、結構怖い場所だな・・・
と言うか、お地蔵様と石が積み上げられた場所と言うのは何か怖いよな。

もう少しで殺生石に到着。

到着しました、端の方から沸いている水に十円玉を入れて擦ると周りの錆が剥れてピカピカになります。

さて、見終ったので、隣にある温泉神社に行きます。
温泉がある場所って結構温泉神社があるところが多いけど、
やっぱり、昔の人は温泉が沸いている事を神に感謝したんでしょうかね?

温泉神社は殺生石より高台にあって、那須街道の道の険しさが良く見えます。

硫黄分が高い場所だから、鉄が真っ黒になってます。
こういう場所ってやっぱりたまに行くから体に良いのであって、
あんまり長い時間居たりすると良くなかったりするのかね?

えっと、この馬の石像はなにか忘れましたw

さて、そろそろお腹も空いた事だし、お昼にしますかね。
と、駐車場に戻って、栃木牛のステーキでも食べれる場所を探しましたが、
流石にお高い。

まぁ、栃木牛使っていてもソコソコの安さの店をカーナビに入れて向かいましたが、
約8分差で閉店して開店準備中になってました。
数人が閉店時間があることを知らずに訪れてました。

土日位昼間の時間も開けていて欲しいよw
と言う事で、代わりの店を探しながら那須街道を走っていたが、
目の前に「ガスト」が現れたが、流石に旅情気分ぶち壊しなのでスルーした。

となんか道を間違えてUターンのために入った駐車場の店が焼肉で美味しそうだったので折角だから入ってみた。

基本的には自分は某国は好きじゃ無いが、飯はなかなか旨いと思うw
そうそう、悪いところばかりを叩くのじゃ無く、良い部分はちゃんと認めようw
残念ながら栃木牛では無かったが、旨かったので良しと。

さて、パッソ君もかなり慣れてきましたよ。
あと1箇所みて最後に温泉かなと思って検索しましたが、お菓子の城と言う場所には、
那須山と言う温泉もあるので、そこへ向かう事にします。

とりあえず、10分程で到着。
結構広い場所ですね。

お花の城は有料で500円だったので、止めておきました。

さらば。

お菓子の城は無料なので、こっちでちょっと見学してお土産少し購入しました。

それでもって、本当は那須湯本の温泉が良かったけど、那須山も良さそうだったの
那須山で旅の疲れを癒されましょう。

2時間程滞在、休憩室もあってくつろげるのでお勧めです。
疲れて30分程寝てましたw
値段もそんなに高くないしね。

さて、ここから街灯の無い道を進んで、那須塩原駅へ向かいます。
何故、黒磯で借りて那須塩原で返すのかと言いますと、
営業時間が30分程長かったのと、少し位長くドライブした方が良かったからです。

カーナビにレンタカー屋の場所を入れましたが、エラク遠回りさせられました。
途中の道が暗かったのでハイビームにしてたら、対向車からパッシングされました。

田舎の暗い道の運転経験が無かったから知らなかったが、対向車からは眩しいのね。
これから気をつける事にします。
駅前のガソリンスタンドで満タン給油してましたが、約700円位でした。

何か那須塩原も新幹線停車駅とは言え、この時間になると寂しいのね。
元々、新幹線の駅が出来ると言う事で、黒磯駅と西那須野駅で取り合った挙句、

中間の東那須野と言うローカルの駅が棚から牡丹餅的に格上げされ、那須塩原駅として改名されたんだっけな?

上りの宇都宮行きの電車を待ちます。

結局、宇都宮駅で餃子食べて帰る予定が、時間が無いので
駅の立ち食い蕎麦を食べた。
もう少し那須山を早く出れば食べれたが、後の祭り。

でも、立ち食い蕎麦もなかなか旨いよなw。

快速ラビット乗って、上野で京浜東北線に乗り換えて帰路につきましたとさ。

さて、これで今年の夏に行ったびんぼー旅行は終わりですが、この調子で2009年度の
富山~金沢の旅行とかも書いてみようかなw

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください