壊れたハードディスクをですとろい

壊れたハードディスクを捨てるために分解して破壊してみた。
自分はデータこそ重要と考えているので、ハードディスクだけは常に大量に買っていたりする。
単に消去すると言うのが面倒なだけと言うのもあるがw

WD1200ABと言う5400rpmのモデルだが、当時3個程買った覚えがあり、
そのうちの1個が故障した。

何と、3プラッタモデルでした。使っている時は正確なプラッタ枚数なんか知らないからな。

こうみると、ハードディスクって美しいw
そして、WD1200ABの開けやすさに感動。

プラッタを全て取り外してみたが、コレは正直鏡に再利用できそうだ。

自分の持っているハードディスクで割合的に一番壊れているのが、HGST(IBM)だったりする。
勿論、どのメーカーが故障し易いと言うのは余り関係が無く、購入時のモデルやロットで大きく変わったりする。

逆に1個も壊れていないのがSeagateとSamsungだが、Maxtorをseagateに含めるのなら
1個と言う事になる。samsungは1個も買った事が無いので、故障したのは1個もなしとw
自分が良く買っているWestern Digitalは2個壊れて、1個低速病で怪しい個体がある。

マイナーな1メーカーだったWestern Digitalが今や世界最大のハードディスク製造メーカーとなり、
HGSTのHDD部門まで買収するとは考えもつかなかった。
そしてSamsungも消えて、残りがWestern Digital、Seagate、TOSHIBA(2.5HDD)のみになるとはね。
想像以上に過酷な市場なんだろう、HDDって。

長年ウェブサーバを支えた1プラッタ5400rpmのMaxtor 4R060L0620401も結局壊れた。
そして、何故かシールが2重で貼られていた。

1プラッタのハードディスクでも壊れるときは壊れるんだね。
24h付けっ放しで動かせばそれはそうか。

これは比較的新しいSerialATAのHDT722525DLA380

まさか他の老兵より先に壊れてしまうとはね
基本的に故障率はバスタブ曲線になるが、底の状態でも壊れないと言う事では無いので、
バックアップは大事だよと。

HGSTになっても、IBM時代と設計が似ていたりする。

IC35L080AVVA07-0は、元々ファームウェアに欠陥があったのか、
2個買って両方とも壊れると言う正に笑うしかない状態。
そして、ネジの質が良くないのかネジの頭がバカになったので、無理やり開けた。

トルクスネジを使っているから、どうもネジの頭がバカになりやすい。
途中で挫折したものは、コントローラ基板を取り外して別に捨てた。

厳密に考えると、プラッタを破壊しないとダメだが、そこまでして復活させるべき価値のある
データが入っていたわけでは無いので、この程度で良いやと。

 

0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください