Raspberry Pi2にFreeBSD 12.0-RELEASEを入れてみた

Raspberry Pi2にFreeBSD 12.0を入れてみました。
と言っても、LinuxのようにNOOBSという超絶便利な仕組みで
Raspbianを入れられるような初心者にも優しい設計ではなく、
ddコマンドを使ってMicroSDに展開するわけですけどねw

FreeBSDを起動すると、まずはWindowsのTeratarmからSSHで接続するわけですが、
これがパスワード拒否される。
よくよく考えるとsshd_configすら殆ど素のままなので、自分で変更してあげる必要があるわけですよ。
しかし、FreeBSDは101キーボードとして認識しているのに、直ぐに用意できるキーボードが
日本語109キーボードなわけで、vimエディタで恐る恐る試しながら操作しました。
viエディタは普通に使えますけど、保存のために「:」がどのキーを押したら良いのかすぐには分からないわけですよ。

というか、UbuntuとかRaspbianは最初からSSHで接続できるようになってるので、
親切さが身に染みました。
逆の見方をすると、殆ど素のままで、自分で弄りながら覚えている方が好きなら、
FreeBSDは最適だと思います。

まぁ、TeratarmからSSHでログインできるようになれば、後は直接接続した109キーボードを操作する
必要が無く、ブラウザで調べながら、端末操作できるのでここからは楽になります。

0

秋葉行ったら丁度良いノートPCが有ったので

PanasonicのCF-NX2という第3世代Core i5(ivy Bridge)を搭載したB5ノートがWindows10Pro 64bitが入って
税抜き12800円だったので買ってしましました。

流石に6~7年前のノートPC、しかも企業のリース落ち品と思われる個体なので、
かなりくたびれていますが、外装が割れていなかったのと、液晶の状態がマズマズでした。

元々は250GBにPC3L-12800 4GB DDR3L 1600が搭載されていますが、
当然ながらこのまま使っても面白く無いので、8GBのDDR3Lモジュールもついでに買っておきました。

体感速度を上げるために、HDDもSSDに交換しますが、
これは以前買った240GBのSSDを使います。

CF-NX2はメモリスロットが2つあって、片方が分解しないと交換できない方に刺さっていて、
もう片方は簡単に増設できる親切設計になっていたりします。

こんな具合で、3分も関わらずに増設完了しました。
メーカーの仕様では最大8GBですが、16GBまで認識できるそうで、
実際4GB+8GBで12GBとして認識しました。

ハードディスクからSSDの交換もバッテリーを外したところから出来て、
ネジ1本外してカバーをスライドするだけで交換できます。

ある程度の事はかなり楽にできるこの設計は中々良いです。
流石企業向けのノートPCと言ったところです。

しかし、残念なことがあって、
付属のバッテリーがくたびれていて、
満充電から30分しか持ちませんorz

0

自宅鯖をCentOS6.10からUbuntu18.04LTSに置き換えました

自宅鯖をCentOS6.10から、サポート期間が長いUbuntu18.04LTSに置き換えました。
Ubuntuは基本rootで操作できず、sudoで行うので結構戸惑いましたが、随分慣れました。

多少ディレクトリ構成も変更しつつ、cronで実行するシェルなんかも見直して、
HDDが壊れた時でもデータのリカバリがし易い構成にしました。

0

自宅鯖を更新中

現在CentOS6.10で動かしてる自宅鯖はWordPressを動かすために通常のCentOS6.10標準のパッケージから外れて、PHP7.2、mysql5.7を入れたりして何とか凌いでいますが、
久しぶりにBuildroot環境を構築してみようと思ったら、最新のBUildrootはどうやらPython2.7以上が必要との事で、
流石にCentOS6.10から置換を計画中で、パッチ提供サポート期間が10年に延びたUbuntu18.04LTSに変更しようと考えています。

ubuntu18.04LTSのserver版を入れてから、不足するパッケージをaptでその都度追加していますが、
ubuntu18.04LTSのserver版、最初はcpuinfoすら動いていないので、FANが常に最高速で回っていました。

apacheも2.2系列から2.4系列だとconfファイルの構成と文法が幾つか変更になって、これはこれでかなり面倒だったりします。

0

小田急ナゾトキクエスト(その1)

会社帰りに小田急線の駅のパンフレット置き場に面白そうなリアル宝探しゲーム、

「小田急ナゾトキクエスト、魔王退治のパーティが居なくて困っています」のパンフレットが有ったので貰っておいて、
お盆休みに少し時間が有ったので、1人でやってみることにしました

という事で、開催期間が終了したので、ネタばらしでもw

ドラゴンクエスト3をオマージュしたような感じですねw

先ずはギルドがある新宿へ向かいました。

Continue reading 小田急ナゾトキクエスト(その1)

0

MicroSDXCを秋葉で買ってきた話

久しぶりにミラーレスを購入したのですが、
4K30Pの動画を安定して撮影するには、それ相当の書込み速度のメモリカードを使う必要があります。

NANDフラッシュメモリの相場が暴落しているのも有り、早速秋葉原に行ってSanDiskの平行輸入品を買ってきました。
SanDisk製のMicroSDXCを家電量販店で買うとかなり割高なので、私は何時も秋葉原へ行って買っています。

当然ながら家電量販店で売っている製品とは保証が異なりますが、結局SDカード等のフラッシュメモリが消えると、
データ復活させるのに相当なコストが掛かるため、データが消えても良いように自衛するかわりに1/3程度の価格で
買える方が嬉しいわけですよ。

ちなみにSanDisk Ultra128GBの80MB/sのモデルは税込み1599円と驚きの価格で売っていたので、
複数枚買っています
SanDisk Ultra128GBの100MB/sは以前購入していた物ですが、
現在は秋葉原だと税込み2000円程度で売っています。

Continue reading MicroSDXCを秋葉で買ってきた話

0

久しぶりにミラーレスを買ってみた話

デジタル一眼レフとかミラーレスとか増殖し過ぎて、PENTAX K-S1を買ってから2年程新しいデジカメは買っていませんでしたが、
最近のPanasonicのミラーレスは高感度耐性がマシになり4K動画も普通に撮れる割に型落ち品は投売りに近いレベルの価格で
売っているので、ついつい買ってしまいました。

北海道の店から買ったのですが、アマゾンに出品しているブツを送った方が納期が短いという事で、
アマゾンの箱で届きました。

GX7MK2というマイクロフォーサーズのミラーレスですが、
GF2、GF5、GX1も持っていたりするので、これでPanasonicの
ミラーレスは4台目です

レンズ付きの投売り品を買い集めていたら、気がつくと本体が増えていましたw

コンデジってスマートフォンのように本体充電が出来ないのが多かったのですが、
GX7MK2はようやく本体充電ができるカメラなので、旅先に充電アダプタを持って行く必要が無くなるので
良いです。

ただし、ゴムキャップを外さないと充電用のMicroUSB TypeBが出ないので、
微妙ですね、ただしゴムキャップが有ることで多少の防滴性能は有ると思うので、
一長一短なんでしょうかね。

話は変わりますがGF5は買ってすぐにストラップが外れて地面に叩きつけてしまい、
外装のアルミに傷がついてしまっています。

ところで、GX7MK2は本体内蔵の5軸手振れ補正に加え、レンズ側の手振れ補正も効くので
手振れをかなり抑えつつ4K30Pの動画が撮れるので、動画撮りためるのに良いのですが、
当然ながら書込み性能が高いメモリを要求されるわけで、また出費が嵩みそうですw

0