AMBITIOUS JAPAN!

あまりの混雑ぶりに、あらゆる理由で週のうち2日は30分クラスの遅延が発生し、朝からぐったり疲れる田園都市線ですが、 月曜日も改札の電光掲示板に遅延の文字、流石に「またかよ」とひとりでツッコんでましたが、その日はどうしても会社に遅れるのが 不味かったので、先回りして長津田で横浜線に乗り換えようと思って田園都市線の改札を出たらこの有様。

正に、おしくら饅頭状態、この時普通に横浜線へ乗り換えられれば余裕で間に合うんですが、 横浜線のホームへたどり着くまで15分掛かりもうそのまま行くと遅刻は免れない状態でした。

まぁ、自動改札で詰まっていたので、結局改札を開放したらホームはそれ程混雑していませんでした。 そこで、コストより速度優先モードに切り替え、新横浜から東海道新幹線で行ってしまう事にしました。 新横浜で降りて、東海道新幹線の券売機で、乗車券と特急券を買います。 新横浜から品川まで、運賃が400円で特急券の自由席が840円で、たかが22km程度で1240円もするんですね。 東神奈川で乗り換えて品川行くより3倍弱掛かるわけですが、この場合は仕方ない。

でも新幹線あんまり使ったこと無いので、ワクワクしますね。 ちょっと乗車券買うのとか、ワクワクし過ぎて自由席の乗り場の列から何時の間にかずれていたりして、 迷惑掛かってしまい反省していますが・・・

本当の所はN700系に乗りたかったですが、結局700系のぞみで、品川まで11分で着き時間通りに到着できましたが、 自腹で新幹線通勤はたまにやると面白いかも知れない。 新横浜より上り方面はカーブや騒音防止で全然速度出さないのでちょっと損した気分にはなりますが、 在来線に比べて全然揺れないのね、快適そのものですよw ヨーダンパー非搭載なE217系で120km出す横須賀線の新川崎-横浜間の酷い横揺れとはエライ違いです。

JR東海がJR東海道新幹線と比喩される位、JR東海の実に85パーセントは東海道新幹線の利益なわけですが、 それだけあって、JR東海の在来線と比べてやはり設備が良いです。

あの高度成長期に最高200キロという速度で営業開始した東海道新幹線。 当時は、鉄道技術は車や航空機などに比べて斜陽と言われていたのに、 それを見事に覆して、今や日本を象徴する中のひとつにまで数えられるようになったわけですが、 山陽新幹線での運行も去年で終わりましたが、自分らの世代だと新幹線と言えば0系ですね。

新幹線って最高300km近い速度で運行して、トンネルも多いからトンネル突入時の衝撃とかで結構金属疲労も激しいらしく、 15年もすれば車両の寿命を迎えて、廃車になるわけですが、どういうわけか廃車体の解体現場ってあんまり見ないですね。 やっぱり、その新幹線に対するイメージを守るために、あえて見えないように解体しているのかもね。

0 […]