いつでも里親募集中

パラオ旅行(1日目その3)

お弁当を食べた休憩場所の近くには、2015年に天皇皇后両陛下がペリリュー島を訪問された際のご休憩処があります。

お昼休憩は1時間程度有ったので、付近を少し散策しました。
パラオの天気は気まぐれで、晴れていたと思ったら突然のスコールで散策は止めて
屋根のある休憩場所に避難しました。

日本の援助のトラックが停車していました。
このようなトラックの他、日本で走っていた救急車もペリリュー島で走っていたりします。

休憩所の近くにトイレが有るので寄りましたが、
扉を閉めるとほぼ真っ暗になるので、スマホを持って入った方が良いです。

一応水洗トイレでしたが、この高さからすると簡易水洗とかなのかな。
時間になったので、またバスに乗り込みます。

次は西太平洋戦没者の碑の場所を訪れました。

Asahiスーパードライの空き缶が捨ててありました。
パラオでは大人気のビールだそうです。
スーパードライは暑い日に飲むと美味しいですからね。

 

10分程度で次の場所へ移動するためにまたバスに乗り込みます。

ぶっちゃけ、昔日本の料亭の送迎バスで使われていた中古バスより、
軍用トラックの荷台の方が楽なような気がしてきましたw

アメリカ軍の米軍水陸両用戦車、日本軍の軽戦車とは比べ物にならない程巨大です。

物量の差でも圧倒的で、幾ら戦略が優れていてもこれじゃ勝ち目ないです。

誰かがこの歯車を回せるようにしたそうです。

戦車の脇に何故か自転車、何のためにここに自転車を置いているのでしょうね。

このアメリカ軍の戦車の先の高台に、日本軍の砲台があります。

結局アメリカ軍は逆方向から攻めてきたので、使えなかったそうです。

横の脇道から入ると、砲台を後ろから観る事が出来ます。

この脇道も頭上注意です。

 

またバスに乗り込み、次の目的地へ移動します。

 

5分程で到着、ペリリュー神社です。

この神社は戦後建造されたそうです。

 

結構な高台にあるので、景色が良いです。

 

 

 

この石碑に書いてある文章は感動的なのですが、色々とあるようです。

このペリリュー神社から山道を歩いて行くと、今回のペリリュー島戦跡巡りの最終目的地に到着します。

ペリリュー島では未だに地雷が埋もれていて、今でも除去作業を行っているそうです。

山道の登って、あと少しで目的地に到着します。

ここが、旧日本軍のペリリュー島守備隊長の中川州男陸軍大佐が自決した場所とされていますが、
実際には更に洞窟を進んだ先にご遺体が有ったそうです。

ここから先はツアーでは厳しいのでここまでです。
お線香をお供えして、供養しました。
バスに乗り込み、途中でトイレを借りて上陸地点のノースビーチに向かいます。

トイレを借りた場所では、収取したご遺骨があり、
70年以上経った今でも終わっていない事を感じさせられました。

NIPPON MARUⅡが停泊していましたが、
NIPPON MARUは2012年の台風で沈没してしまったそうで、
その代わりのようです。

早速船に乗り込みますが、ペリリュー島を離れるまではゆっくりとした速度で進みます。

流石に歩き疲れたのでクタクタです。

ポッカのつぶつぶオレンジを飲みながら、船に揺られます。

しかし、ペリリュー島戦跡ツアー、色々と考えさせられました。
高速船でパラオパシフィックリゾートの桟橋まで送ってもらえます。

桟橋はパラオパシフィックリゾートの名所のひとつでもあったりするので、
暫く残って写真を撮りまくっていましたw

海が見えるようになっていて、魚が良くみえました。

さて、流石に眠いので少しだけ仮眠をとるため、部屋に戻ります。
部屋に戻ってシャワー浴びて爆睡したら19時半過ぎでしたので、
BBIシャトルバスに乗ってコロール市街へ出かけることにします。

早速目的のアンティアスカフェさんに到着しました。

1日目の夕食は無いので、ここで夕食を食べる事にしました。

メニューが日本語、基本的にパラオでは大抵の場所は日本語で行けたりします。

このメニューからすると、オーナーさんはおそらく日本人でしょうw

クーポン掲示でドリンクが1杯無料との事でしたので、
地ビールを注文しました。
その他ライムサワーとかも注文しました。

前菜のサラダ

パラオ産のフィッシュフライ、なかなか美味しかったです。

何故かロコモコを注文しましたが、これが結構な量でした。
食後は少しコロール市街を散策。

ガソリンスタンドに併設されて、如何にもアメリカに有りそうな売店でカールを発見。
2.49ドルと結構高いです。
ちなみにこの売店では、何故かインターネットスペースがあり、お子様が夢中になってパソコンを操作してましたw

その後はウエスト プラザ デセケルの1Fのスーパーに入りました。
このホテルはパラオ到着初日の送迎バスで寄った場所で、比較的リーズナブルな宿泊料金のようですが、
それでも120ドル程度するそうで、日本のビジネスホテルの方が安かったりしますね。

スーパードライが売っていましたが、1.25ドルと日本で買うより安めです。
カールが2.49ドルでスーパードライが1.25ドルって日本と逆の価格です。
帰りのBBIシャトルバスに乗り込み、パラオパシフィックリゾートに戻ります。

夜のプールサイドとプライベートビーチを少し歩きました。

流石に五つ星ホテルで、パラオと言えばPPRの写真が真っ先に出てくるくらいロケーションが良いので、
夜歩くだけでリッチな気分になれます。

この後は、流石に疲れたので部屋に戻ってシャワー浴びてすぐに寝ました。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください