いつでも里親募集中

パラオ旅行(2日目その2)

お昼は、ロングビーチで有名な無人島のオモカン島へ上陸します。

これまた昨日のペリリュー島に続いてお弁当。
日本のお米の美味しさが身に染みてわかります。

今日は唐揚げ弁当ですが、近くに野生の鶏の親子がいて、
切なそうにこっちを見ていましたw

船着き場が無い場所なので、船を停泊させるのが大変そうです。
当然ながら船から降りる際はお腹のところ位まで水に浸かります。
そのため、一眼レフは船に置いておきました。

とても有名な休憩場所のようで、次から次へと船がやってきます。

しかし、水の色が違いますね。

オモカン島へ上陸する船は中国の旅行者も多い感じでした。

無人島には汲み取り式のトイレが有りますが、
結構臭いが厳しい感じです。
現地ツアーガイドのOさん曰く、このトイレよりかは海の方がよっぽど良いとの事でしたw

まぁ、山手線の駅のトイレとかの方が凄い時が有るので、
それと比べるとだいぶマシだと思いますw

パラオの天気は全く予想できず、突然スコールが降ってきたりします。
突然降ってきたので、屋根が有る場所でしばらく留まります。

こうやって新たな木が育っていくんですね。

オモカン島には1時間程度いましたが、そろそろ次のシュノーケリングの場所へ移動するために船に戻ります。
船着き場が無いので、船を出すのも大変そうでした。

正直、自分がシュノーケリングしている場所は何処かわかりませんが、
とりあえずお奨めの場所なんでしょうねw

ニコンの防水デジカメのバッテリーが切れるまで、只管写真と動画を撮っていました。

シュノーケリング楽しかったので、次に訪れた際は2回位海に出たいですね。
折角10日間有効な許可書を発行していますし。

こんな具合に船から降りていきます。

結構密集して泳ぐので、前の人に蹴られたりしましたw

午後も20分程度シュノーケリングをしましたが、
流石に結構疲れます。

ここは有名な自然に出来上がった橋ですね。
ナチュラルアーチと呼ぶそうですが、ここで記念撮影しました。

昨日のペリリュー島戦跡ツアーと同様に、PPRの桟橋まで送ってくれました。

ペリリュー島と今日のロングビーチ&ミルキーウェイ ツアーの両方とも現地ツアーガイドのOさんにお世話になりました。
という事で、最後の桟橋で記念撮影してきましたw

今日の夜はツアーパックについている、メドゥ リブタルでのディナーですので、それまでPPRを散策します。

 

明日はあの桟橋でディナーですw

雲が凄い事になっています。
パラオは暑いから、直ぐに蒸発してそれが雨雲になるんでしょうね。

プライベートビーチで少し休んでから、一度部屋に戻ってシャワーを浴びてメドゥ リブタルへ向かいます。

とりあえず、席に着席して1枚。

先ずはシーザーサラダですが、
スタッフのお姉さんが実演でシーザーサラダを作ってくれました。
と言っても新人のようで、先輩から指導されながら作っていました。

先ずはスパークリングワインで乾杯。

続いて、タロイモの葉と蟹肉のスープ

メインデッシュはリーフフィッシュのグリル ライス添えです。
この他、ビーフテンダーロインステーキ赤ワインソースも選べます。

デザートはマンゴーのスフレ スイカのソースを添えてです。

そして食後のコーヒーですね。
大体20時過ぎに食べ終わったので、今日もBBIシャトルバスに乗ってコロール市街へ出てみることにします。

しかし、最後のバスまで余り時間が無いので、
RURギフトショップさんでお土産を買う事にしました。

店内にはこの店のオーナーさんと思われる方がいましたが、
実はオーナーさんではなく、BBIバスを経営しているオーナーさんだと
最後の方でわかりました。

店内の椅子で待たせてもらい、最終のPPR行のバスが到着が到着したのを教えてくれました。
しかし、パラオは日本人が多いですw

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください