いつでも里親募集中

パラオ旅行(帰国日)

スーツケースを先に運んで貰えるのでスーツケースに荷物を詰め込みます。
帰国する飛行機は4時半過ぎですので、1時半まで部屋で休みます。
しかし、私は殆ど寝れませんでしたw

1時半にPPRのろーびに集合して、また日本の観光バスの中古バスに乗り込みます。
途中で4つのホテルを経由するので帰国者が乗ってきます。

リーズナブルなホテルから乗ってくるのはダイビング目的で来られた感じの人で、
各ホテルの客層に特徴が有りました。

ロマン・トメトゥチェル国際空港に到着すると、
直ぐに空港で空港利用料と環境税の合計50ドル支払い、搭乗審査を受けて待合室で待ちます。
待合室に入ったのが3時で、4時半まで待合所で待ちますが、正直眠くてしんどいです。

回りの乗客も眠くてたまらない様子でした。

イスもプラスチックなので寝れずに、飛行機の搭乗時間になりました。

さらば、パラオ共和国、成田空港までは3000km超、約4時間半です。

機内で機内食が出ましたが、正直オマケレベルw
巻き寿司はキュウリが細すぎるし、最低でもかんぴょう巻きが良いですw

流石に機内では眠いので、少し眠りました。

起きた頃には夜が明けていました。

日本列島が見えてきました。

絶妙に富士山が見えていますね。

乗った飛行機はボーイング757-2ooで最近更新されたのか、客室はとてもきれいでした。
ただ、3列+3列の小型のジェットなので、狭かったですね。
また小型なので結構揺れました。

機内食が微妙でしたので、八代目儀兵衛で早速朝食をいただきました。
やっぱり日本のコメは旨いですし、味噌汁もたまらないです。

少しだけ成田空港を彷徨い、自宅に帰ります。

今回の旅行はリッチでしたが、その分抑える所は抑えます。
新宿の金券ショップで買った京成の株主優待乗車券とライナー券をしっかり使います。
株主優待乗車券は900円、ライナー券は1150円で買っています。
本来なら2465円掛かります。

この時間のスカイライナーは空いているので快適に上野まで乗る事が出来ました。
スカイライナーはほぼノンストップで京成上野まで走りますが、
私も当然ながら疲労でほぼノンストップで爆睡していました。

1 comment to パラオ旅行(帰国日)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください