いつでも里親募集中

最近のコメント

ジーンズのデブ穴補修

普通の人がジーンズを穿くと一番先に弱ってくるのは大抵膝とかポケットだと思いますが、
デブがジーンズを穿いていると一番先に弱るのが股の部分。

散歩が好きだったりすると、両方の足の肉の圧力で毎回摩擦が起こるので、デブ穴が真っ先にあいてしまうわけですが、
私も昔は標準体型でしたのでデブ穴なんかあかなかったのですが、最近は新しいジーンズをおろしても、
ものの1年もしないうちにデブ穴があいてしまうようになった次第。
デブって健康にも良くは無いから痩せたいんだけど、白米が好きだとなかなか痩せられない。

最近流行の990円等の安いジーンズならそのまま捨てれば良いし、逆にビンテージ物なら修理業者に頼んで修理するわけですけど、
私が中学生の頃から穿いているのは常に現行版のリーバイス501。

何故か、私の中ではチャック部分がジッパーのジーンズは不便で、ボタンフライのジーンズが逆に便利と言う摩訶不思議な状態。
しかも、501に採用されているジーンズの生地は洗濯すると縮んで、
穿くとフィットすると言う防縮加工なんかしていないジーンズが逆にサイズのツブしが効くから、
多少肥が進んでも穿けてしまう便利さ。

しかしまぁ、現行品の501は大体5000円~12000円程度のジーンズですので、デブ穴があいたから捨てるのも忍びないし、と言って修理に出す程でもないレベルのジーンズ。
のび太君の洋服みたいに、各サイズで豊富に取り揃えてあるものの、その殆どが色落ちが良い感じになっているのに夢半ばで不幸にもデブ穴があいてしまったものばかり。
となると、「Do it yourself」の精神で何とか直してしまおうではないかと計画して早速情報収集してました。

このように、太っても痩せても良いように各サイズ一通りあります。

かなり摩擦で薄くなり、もう直ぐエアインテークが出来上がり、
驚愕の冷却性能を実現できそうな具合だが、みっともないのでそのままでは穿けないw

情報収集を進めて行くうちに、効率良く修理するにはミシンは必要と言う結論に達し、
ミシンの型を吟味してみましたが、一番安い電子ミシンを買うより、
+5000円出してコンピュータミシンのエントリーモデルの方が良いかなと思い、
brotherのMS201というコンピュータミシンで一番下のモデルを購入。

本来、ジーンズのような硬い素材を縫う場合、このような家庭用では無く業務用や工業用のミシンにすべきなのですが、
まぁ無茶をしなければ何とかなりそうだし、モーターのトルクの無さは知恵と試行錯誤でカバーすることにします。

2chのスレッドによると、brotherよりもジャノメとかの方がモーターのトルクが高くて良いみたいですが、既に買ってしまったのでこれを使います。

家庭用のミシンは低価格と高機能を両立するためにあらゆる部分でコスト削減で原価を削っている為、耐久性とか縫いの品質とかあんまり期待できなさそうです。
この辺り、カメラと同じような感じなのかな?
コンデジの方が便利余計な機能満載で初心者には魅力的だけど、静止画の品質では一眼レフに足元にも及ばないと。
ミシンも工業用とかは直線縫いしか出来ないけど、質実剛健で耐久性も高く高品質でパワフルに縫えると。

ミシンなんて小学校の家庭科の授業以来だけど、操作説明のDVDビデオなんかも付いているから、全然楽に使えそうです。

ついでに、いろいろ修復グッズを購入してきました。
DAISOで買えるものはDAISOで、その他はユザワヤで買ってきた。
写真以外にも、熱で接着するテープとかも買いました。

とりあえず、裏に熱で付く布をアイロンで貼り付けます。
裏から貼り付けることで形が安定します。
このままでも良さそうな気もしないでも無いのですが、
この状態だと穿いて少し摩擦をかけただけで剥れてしまいます。

そのために裏にテープを貼った所を、ダダダーと表からたたき縫い。
直線縫いの2.5mm間隔で縫ってみましたが、穴が大きい所はジグザグ縫いします。
ちょっと色とか縫いの具合が素人臭いが、これから思考錯誤して腕をあげていきます。

これはフィリピン製の501ですが、結構良い具合に縦落ちしていたりします。
今は亡き、アメリカのリーバイスのバレンシア工場製の501よりも良い具合なんだけど、
使っている生地を縦落ちする生地にでも変えたのかな?

多分コーンミルズ社製の縦落ちする生地使っているんだと思うけど、
ベースと言うかコンセプトは昔から変わらないけど、購入時期によって個体差が凄く大きいのが501の魅力なんだよなぁ。
ただ、最近は惰性で穿いている気がしないでもないですけどね。

しかし、もう少し丈夫な素材使って欲しいのですが、先ずは自分が痩せないとな・・・www

18 comments to ジーンズのデブ穴補修

  • しまの商店通販部

    実力行使にでたわけだな(w

  • yhoshee

    >しまのさん

    デブ穴があいて穿けなくなるのは切ない。
    どうしてもジーンズとしての寿命を全うさせてあげたいんですよw

  • しまの商店通販部

    俺も、そろそろ下を買わないと
    デブ穴済みとか、補修してある
    もんしかない。

    れっつ上野(w

  • yhoshee

    >しまのさん

    最初からデブ穴が開く部分を補強したジーパンを購入すればw
    上野でw

  • しまの商店通販部

    補強するんだよ
    自分で(w

  • yhoshee

    >しまのさん

    ああっ、それならミシンあった方が良いですよとw
    手縫いだと時間が掛かり過ぎる・・・

  • (^・ω・)ぶぅ

    デブ穴補修の情報を探してここに辿り着きました。
    ジーパンのリペアへ持っていくとデブ穴補修に2100
    したんで
    (補修内容は上記と同じように熱で付く布+細かくまつり縫い)
    これならミシン買ってかーちゃんに縫ってもらおうかと
    考えています。

    とりあえず失敗しないように同じミシンを購入してみます。
    (^・ω・)

  • yhoshee

    >(^・ω・)ぶぅさん

    デブ穴補修目的ならジーンズ縫い対応しているミシンなら大抵行けますよ。
    ただ電子ミシンよりはコンピュータミシンの方が良いでしょう。

    糸の色は同じような色を買っても実際縫ってみると色合いが違ったりするから、
    近い色を数種類持っておいた方が良いと思います。

  • mokekyo

    がっ!
    股の穴を補修しないといけないと
    思い検索かけたら、このページに
    来てしまった。

    昔から変わらぬのう(w

  • mokekyo

    今回は衣類用の洗濯も出来るって言う
    接着剤を試してみようと思うの。
    ちなみに前回は近所の裁縫が得意の
    おばちゃんにガガガとやってもらったのだ。
    上手いというか、うん、丈夫だねって感じ。

    • yhoshee

      布の接着は結構難しいですよ
      布が接着剤を吸収してしまうし、
      接着する面と面がしっかり合わないので。

      基本は仮補修でたたき縫いされた方がよいかと。

  • mokekyo

    ゴムっぽくなるってあるから、吸収や面全体での
    接着は問題ないかと思いますが、穴の周りを接着剤を使って
    その周りをミシンでガッツリかな。そんな感じで
    考えてたけど。うまく行けば接着剤だけも

    • yhoshee

      基本はテープで仮止めして、
      その後たたき縫いした方が良いですね。

      ただ、ブランドのソコソコのパンツなら修理する意味有りますが、
      GUとかで買った方が速い気がしますよ。

      おっと、新品は禁句だったw

  • mokekyo

    穴の修理はどっちかってーと
    衣類に対しての知識の取得に
    あるかな。今ある穴の開いてないのを
    強化しようと思うので。ただ、
    市販品にもそういうのあるし
    お店で少し出せばやってくれるし。
    いや、知識の取得ためだ

    • yhoshee

      それなら、知識を得て何に生かすかだと思いますよ。

      まぁソコソコの業務用のソーイングマシンを入手して、
      洋服のリペアの仕事始めても良さそうですね。

  • mokekyo

    穴の補修を活かせる仕事は
    衣類の補修くらいしか無いからなぁ。
    いや、何か他にも出来なかないか。。。無いか?

    • yhoshee

      難しいのは、ファストファッション全盛の中で、
      補修してまで着たい服がそんなにあるのかと。

      高級な服だと素人に毛が生えた技術だと太刀打ち出来ませんしねぇ。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>