いつでも里親募集中

みちのくネタ作りの旅 第1回

今回の旅は、2006年の夏に買った「おとなの青春18きっぷの旅」の旅情プラン3の東北をベースに
飯坂温泉に泊まるというプランを考えたのですが、このプランは新潟県と福島県を結ぶ只見線を使ってるの。

只見線って景色がかなり良さそうなんですが、超ローカル線で冬季に平走する国道が閉鎖する関係で、
止む無く廃線を免れている状況で、新潟県の小出と福島県の会津若松全線を通して運転するディーゼル車が
1日3本とかなり厳しい感じ。去年の夏の信州の小海線ですら、小淵沢-小諸で9本ありましたからね。

無理なダイヤで行って思わぬアクシデント等で途中の秘境駅と言われる無人駅なんかで最終を逃すと、
近くの集落まで2kmあるとか、駅前にコンビニなんか無いのは当たり前、
自販機やトイレも無いような掘っ建て小屋レベルの駅舎の中で
体育座りをしながら朝を迎えるという恐ろしい状況になりかねない。

詳しくはWikipediaの只見線の項目を見てください。

去年の夏の信州プランで、この本のタイトさを実感しているので、とても飯坂温泉なんて無理なんで、
いっそ諦めて飯田線でも走破しようかと思いましたが、飯田線も1泊2日で行くのは厳しいと考え最終的に、
泊まる場所は飯坂温泉として、行きはサスペンスで出てた、水郡線->東北本線->福島交通飯坂線
帰りは、会津若松や猪苗代付近を観光して東北本線->宇都宮線で帰ってくるプランに落ち着きました。

それで、宿は今回もじゃらんでそこそこ口コミ評価が良くて平日限定というお得なプランの宿をとりました。
何か、アメニティの評価が低い書き込みがあったのがこの時若干気にはなっていたのですが・・・。

23日朝、5時半に起きて雨の中駅に向かい、
田園都市線に乗り、長津田駅で18きっぷにスタンプを押してもらいました。
その後横浜線で東神奈川で京浜東北線に乗り換え、上野駅には8時12分到着。

上野駅構内の喫茶店でモーニングを食べました。
常磐線の土浦行きが8時42分発なので、食べ終えて急いで常磐線ホームに向かいます。
グリーン車にしようかとしましたが、ガラガラだし土浦で乗り換えるので止めておきました。
1時間強、10両+5両編成の531系に乗り、土浦で5両編成の531系に乗り換え。

途中の石岡駅では鹿島鉄道の乗り場が完全に撤去完了されていました。

fukusima_01.jpg

春に行った、偕楽園付近です。

fukusima_02.jpg

水戸駅には、10時57分に到着。
水戸で水郡線に乗り換えますが、この先悠長にお昼を食べる時間の捻出が無理そうなので、
駅弁を買います。

fukusima_03.jpg

11時15分の水戸発常陸大子行きに乗り込みます。
水郡線は結構な混み様。と言う事でしばらく座れませんでした。
ただ、途中の常陸太田支線乗り換えの上菅谷駅で結構降りました。

途中駅で少しずつ乗客が降りていき、駅弁を食べれる位の空き具合になってきたので、
車内で駅弁を食べました。

fukusima_04.jpg

また、乗客が減ると同時に、景色も雄大になってきます。

fukusima_05.jpg

fukusima_06.jpg

食べ終わって、しばらくしたら袋田駅に到着。12時28分。
ここで寄り道して、日本三名瀑のひとつにあげられる袋田の滝へ行きます。

fukusima_07.jpg

水郡線は殆どワンマン電車で運転手が運賃の回収を行うのですが、
先頭のおばさんの家族連れが何かノロノロと運転手と交渉してるの。
多分、1万円札しか無いとかだった思うけど、観光でたまにしか乗らないローカル線のワンマンで
小銭を用意しておかないって、どんなアホだよ?しかも先頭に並ぶなよ・・・。

バスが12時30分発なんでコッチは焦ってるにお構いなしなの。
袋田の滝前行きのバスに乗る別の乗客も焦ってて、仕方なく運転手の遠目で18きっぷを見せ
降りましたが、多少遅れてましたがバスは待っててくれましたよ。
そりゃ電車に合わせないと誰も乗らないしね。

fukusima_08.jpg

袋田駅はログハウス風の建物で、無人駅ですが簡易委託駅で対応してくれるオバサンがいました。

fukusima_09.jpg

バスは茨交県北バスの小型の古いバスで、床がコールタールの臭いがしそうな懐かしい木製でした。
運賃は片道200円で、自分たちと合せ6名でしたので、収入自体は1200円ですね。

袋田の滝前へ行く途中で先ほどの水郡線の踏切を渡るわけですが、駅から踏み切りが近くて、
あの例のオバサンがまだ交渉しているらしく、踏み切りがしまりっぱなし。
これが首都圏なら批難が凄そうですが、田舎なんでそれ程問題は無いのかなぁ~。
運転手も気を利かせた対応すればいいのになぁと考えてたら、やっと電車が通り、踏み切りが上がりました。

袋田の滝前までは、約10分程で到着。事前にGoogleMapsでも距離を確認してありましたが、
大した距離も無いので空いてればその程度で着きます。

fukusima_10.jpg

一応帰りのバスの時間を控えておきます。
帰りは早く見終えれば14時05分のバス、遅かったら15時10分のバスです。

fukusima_11.jpg

滝までは、更に徒歩で7分程歩きます。
途中鮎の塩焼きを売ってて、香ばしいかおりが漂っていました。

fukusima_12.jpg

袋田の滝へはトンネルを通って行くのですが、ここで通行料が300円かかります。

fukusima_13.jpg

ひんやりしたトンネル内を暫く昇って行きます。

fukusima_14.jpg

というか、水の量多すぎ。
午前中の雨で凄いことになっていました、見本より全然違う・・・。

fukusima_15.jpg

fukusima_16.jpg

トンネルの途中で分岐点があり、そちらへ行くとハイキングコースへと抜けられます。
その入り口で入場券を拝見する場所があるので、滝観台以外はタダで観れるみたいですね。

fukusima_17.jpg

ハイキングコースへは吊り橋を渡って行きます。

fukusima_18.jpg

横からでもソコソコ観覧出来ます。

fukusima_19.jpg

吊り橋から滝観台を見たところ。

fukusima_20.jpg

吊り橋より下の川にはこんな大きな岩がごろごろしてましたが、
これって滝を流れてきたんですかね・・・

ここから更にハイキングコースを通って、生瀬の滝へ登っています。

fukusima_21.jpg

これがエラく階段があって大変なの。
しかも、結構整備されていなくて、途中木が倒れていたりして気をつけないと大変な事になります。

fukusima_22.jpg

途中で袋田の滝を間近にみえます。

夏場なのでかなりキツくて、途中で何度も小休憩をして10分程で登りきり、
やっと生瀬の滝へ到着。

fukusima_23.jpg

秋に来たらもっと綺麗そうです。
10分くらいしてから降りました。

fukusima_24.jpg

こういった階段って、登りの方がキツいんですが、くだりの方が数倍怖いのね。
途中で写真を撮りつつ、慎重に下っていきました。

下ってやっとこさハイキングコース入り口へ着きましたが、14時05分発のバスが後20分後に来るので
休憩せずに、バス停へ向かいました。

fukusima_25.jpg

バス停に着いて、14時03分にバスが通ったわけなんですが、バス停から少し離れた場所にいたら
追加していきましたよ・・・

この時凄く焦りました。ハイキングでヘタヘタなのに袋田駅まで歩くと40分かかるし、
かと言って次のバスは1時間後。
18きっぷの旅は少しの時間も無駄に出来ないので、どうしようか考えたらUターンして戻って来ました(W
どうやら先で折り返して戻ってきたみたい。

とりあえず乗り込みましたが、行きのバスの運転手と同じ人で、今度は乗客2人。
収入は400円なわけで、これでやっていけるのか心配になりました。

袋田駅には、14時15分到着。14時25分発の郡山行きを待ちます。

fukusima_26.jpg

元々は交換可能駅だったらしく、反対側に草木に覆われたホームらしきものがありましたが、
本数削減でレール自体は撤去済みです。

fukusima_27.jpg

暫くすると、水郡線の主力のキハ130系がみえてきました。

fukusima_28.jpg

3両編成です。
乗り込みましたが、おばさん連中とおじさん連中が酒のみながら盛り上がっていましたが、
正直かなり煩い、彼らは何で他人の視点になって物事を考えられないのかしら?
みんなでワイワイ楽しいのは分かるが、地元の方にとっては何時もの通勤通学の足だし、
限度と言う物があるよ。

fukusima_29.jpg

常陸大子で、後ろ2両切り離すので、前の1両に移りました。
煩いおばさん連中とおじさん連中も車掌さんに言われて移動しました。

fukusima_30.jpg

1両だと立っている人もまばらな感じでした。
常陸大子より先はより景色が雄大になってきます。

ちなみに先ほどの酒盛りしてたおじさん連中3人は、4人用のボックス席が無かったので
仕方なく2人用の向かい合わせの席に2手に分かれて座っていましたが、2人座っていた
4人用のボックス席の1人が降りたので、そっちに移動したわけですが、元々座っていた
窓際の若い女性をを囲むように全席埋まっている状態になりました。

それでもって、ポリポリツマミを食べつつ、酒を飲んでペチャクチャしゃべっていたので、
その隣のロングシートに座って一部始終を見ていた自分は「アレはキツイな」と思っていたら、
案の定余りの不快感があったのか、元々おじさん連中が座っていた2人用の向かい合せの席へ移動しました。

スンゲぇ迷惑だわな、まさにKYだわ。
不快感で移動させるとは・・・

fukusima_31.jpg

fukusima_32.jpg

ハイキングで疲れていたので、ウトウトとしていましたが、
途中駅でDQNな連中が乗り込んできて、車両の後ろの方で喫煙をしやがり、
その臭さで目が醒めました。

fukusima_33.jpg

2時間程度乗車して16時26分に郡山到着。

fukusima_34.jpg

16時43分発の東北本線の福島行きへ乗ります。

fukusima_35.jpg

fukusima_36.jpg

17時30分に福島へ到着。
この続きは、第2回ですが、ここからがネタ満載なのね(W

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>