いつでも里親募集中

箱根へ秋のプチ旅行(第2回)

湯本の駅で割引券を配っているらしいのですが、
そのときはもらい忘れてきたので、普通に割引無しで
ベコニア園の入園料とひめしゃらの湯のセット券を購入しました。

それでまぁ、ここからは写真を撮りまくり。
曇りで日も落ちかけていたので、シャッタースピード遅めでかなりブレブレの写真ばかりでした。

外で抹茶のソフトクリームを買ったのですが、
中にちゃんと食べれるところがあったりしました。

しかしご覧のとおり人があまりいません。

なんか、花びらが回ってて、
園内に押し花教室がありました。

閉園間近は殆ど人がいませんでした。
その後、隣に隣接するひめしゃらの湯へ。

感想としては、規模の割りに洗い場が6箇所しかなく、
並ばないと洗えない状態でした。
これはかなりのマイナスポイントですね。

それに幾らレジオネラ菌の発生が怖いと言っても
かなり塩素臭い湯でした。

やっぱり基本的に循環式はダメですよ、掛け流しが良い。

また放置された無鉄砲なお子様が大勢いらっしゃり、
全然ゆっくり休めませんでした。

正直施設も全然たいした事ないのに、値段もソコソコするので
これなら数百円足して前回来た湯の里おかだの方が断然良いです。
あちらは値段が高くて場所が悪いのか、結構施設が綺麗で充実している割りにあまり人がいません。

今まで小旅行に出かけると必ずと言って良いほど日帰り温泉に立ち寄ってきましたが、
宣伝しててアクセスが良いところは大抵よろしくありませんね。

個人経営レベルであまりアクセスがよろしく無いようなところは、安い割りに
かなりの確率で良いところが多いです。

それでもって、湯上りに併設されたお食事所で夕食食べようとしましたが、
食券の券売機見たら殆ど売り切れだったので、湯本駅に戻って探すことにしました。
帰りのバスがもう直ぐ発車との事で、急いでバス乗り場へ向かいます。

バスはほぼ満席で、暗くてかなり急な坂を下っていきます。

箱根湯本駅に到着し、どこへ行こうか考えましたが、
そう言えば、行きのロマンスカーに乗った時に貰ってきた、
るるぶFREEにラーメン屋さんが載ってたので、そこへ行ってみる事に。

ハイカラ中華日清亭さんへ

駅から数分のところにあるのですが、路地に入ってわかり辛い場所にあるので、
それを補うべく結構宣伝しているらしく、
今回買っておいたガイドブックやるるぶに載ってて、また分かりやすい看板も設置してあります。

店は1Fと2Fがあり、ちょうど1Fが空いたので座りました。

ミニラーメン、ミニ丼、デザートのセットを頼みました。
ラーメンのコシがあってなかなか美味しかったですが、カツ丼はごく普通のカツ丼で
マンゴープリンはイマイチでした。
まぁ単に好みの問題だと思いますが。

あと、店の若旦那が気さくな感じの方でした。

食べ終わり、一度箱根湯本駅へ行き、帰りのロマンスカーの時刻をみましたが、
10分後に発車するロマンスカーは生憎満席で、1時間後の最終のロマンスカーは空いているので、
1時間待つ事にしました。
素直に急行で帰れば良いのに、小さな贅沢がしたいという事だけで・・・

残念ながら、帰りはVSEじゃなくて、EXEでした。

さて1時間どうするかということで、1号線を渡った所に喫茶店「ルノアール」があり、
そこで時間をツブす事にしました。
ルノアールといえば、チェーン系のコーヒーショップとしては老舗で価格帯も少しお高めなんですが、
観光地にドトールとか低価格帯のコーヒーショップなんて無いし、箱根湯本駅前にスタバ在っても
旅行気分ぶち壊しなんでまぁ無難なところでしょうね。

ちなみに、かなり昭和な雰囲気の店内でした。
電球なんかも、今流行のエコな電球型蛍光灯じゃ無いし、イスもなんだか古めかしい。
まぁスタバの店内も良いですが、これはこれで良いです。

コーヒーをいただきましたが、ルノアールって最後にサービスで日本茶が出てくるのね。

最終ロマンスカー発車15分前くらいになって、箱根湯本駅へ向かい、車両に乗り込みました。


EXE乗ると実感しますが、やっぱりVSE良いなぁ~
車内トイレはちょっと臭かったけど(W

帰りも約1時間で町田到着、今回の小旅行もこれで終わりです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください