ありがとう、コロちゃん

既にmixiの日記では書いたが、11月30日に愛犬のコロちゃんが亡くなった。

15歳と10ヶ月弱と言う事で長生きした方だと思うが、
やはり当然のような存在が突然いなくなると言うのは非常に寂しい。
それは亡くなってから日が経つにつれて改めて存在感の大きさに気がついた。

元々ガタイの良さから分かるように食欲旺盛で、
風邪をひいた事が無いような元気なワンコでそれはそれで恵まれていたのだが、
初老期に入った7歳頃に心臓から異音がすると診断されていて、
去年一度腎臓の調子が悪くなり、ヤブっぽい所から別の病院に変えてから、
ある程度回復していたもの、薬漬けの状態だった。

そういえば、それまで病院のお世話になったと言うのは狂犬病やフィラリアの予防注射の他に、
飼い主側の無知故に鳥の骨を食べさせてしまって咽を傷つけて慌てて駆け込んだのと、
食卓の上に置いてあった肉じゃがを食べてしまって入院したとか、
トリミングか散歩に行き過ぎと加齢で原因でヘルニアの症状が出た位だった。

コロちゃんは一応血統書付きのヨークシャテリアだったわけだが、
実はヲカンが選んだ犬だった。

本当は柴犬を飼う予定だったのだが、
偶々訪れたスーパーのペットコーナーで黒いやる気の無さそうな犬がゲージに居て、
ヲカンが店員さんに犬種を聞いたら
「ヨークシャテリア、雅子様のご実家の犬です」と聞いて直ぐに
決まった、どうやら直感かどうかわからんが、
最初は柴犬とかもう少し大きい犬が飼いたかった
自分は余り良い顔をしなかった事を覚えている。
当然家で待ってた姉貴も。

ただ、飼い主馬鹿の妄想なのか分からないけど、
コロちゃんはとても人懐っこく要領の良いワンコだった。
選んでくれたのを察したのかわからないけど、特にヲカンにはべったりだった。

ソファーで寝ながらテレビ見ていると、ソファーに登って顎を膝に乗せて寝てたり、
洗濯物を干していたら一緒について来てベランダに出ては景色を眺めていたり、
当然秋から春にかけても寒い時期はヲカンの布団に入り込んで、
ヲカンの腕を枕にして寝ていたりと・・・

しかもヲカンが余り好きじゃない人と対面して話していたりすると、
コロはそれがわかるのか、名前を呼ばれても一切相手にせずソッポ向く位だった。

そういえばコロちゃんを飼ってから1年半位経って前より広い家に引っ越した時、
勝手口からダッシュで家の中に入っていって、即効で気に入ったっけな。
前の家は2Fに住んでいて、下には降りなかったのに、今の家では階段も自由自在で昇り降りしていた。

人間よりも早いスピードで歳ととっていき、心臓に爆弾を抱えていたものの、
主だった老化と言えば耳が遠くなった位で、年齢を考えても元気だったんだけど、
去年の6月頃に急に元気がなくなった。
前述の通り腎臓が悪くなり、一時期はお腹に水が貯まり散歩も満足に行けない状態に陥ったが、
薬と持ち前の元気で普通に散歩が行けるまでに回復した。

暫くは落ち着いていたが、今年の10月上旬にまた元気が無くなり、
直ぐにお医者さんに行ったが、あらゆる臓器の機能が衰えていて、
血液の状態も最悪でもって今週と告げられた。
その時医者でヲカンは号泣したらしいが、
自分も流石にショックを受けて急遽仕事休んでコロちゃんの面倒をみた。

脳に行く酸素の量が少ないのか、急速に認知症の症状が出て、
食べ物の好き嫌いも激しくなった。
前回食べた物が次には一切見向きもしなくなったり、
水の飲み方も忘れてしまって、氷を舐めらさせて水分を取らしてような状態だった。

当然医者と言うのは問題を起こさないために考えられる最悪の結果を言っておくのだが、
コロちゃんは何とか回復した。
前程の元気は無いが、食欲が戻って水も飲めるようになり、ゆっくりだが散歩も行けるようになった。
お医者さんからは「スーパーコロちゃん」と呼ばれたとか。

それから暫くは一進一退の状態で、調子の変動があったりしたが、
何とか来年の2月9日の16歳の誕生日まではもってくれるかと淡い期待もあった。
だが11月下旬から再度調子が悪くなった。
また、水も飲めなくなり、食事も好き嫌いが激しくなった。
そこで、以前喜んで食べてたドッグフードをネットで購入した。
小売店ではあまり見かけない、「ホリスティック レセピー ラム&ライス」と言う高齢犬向けのドッグフードだ。

前日辺りから黒いタール状の便が出るようになり、
そして我慢出来ずにそこらじゅうに粗相をしてしまっていた。

11月30日もヲカンの仕事は休みだったが、所用で出かけた。
心配で早めに帰ったらしいのだが、帰った時には力も入らないほど弱りきっていたらしい。
そして15分も経たないうちに突然倒れて、心臓が止まってしまったとか。
心臓マッサージも試みたらしいが、もうどうしようも無かったみたいだ。
パニックになって近くに住んでいる姉貴に電話して、飛んで来て二人で号泣したとか。

自分も夕方連絡を受けて涙目を堪えながら急いで帰宅し、
既に冷たくなってしまったコロちゃんの亡き骸を前に号泣した。
死に目に会えなかったのは残念だったが、留守の時間が多い中、
大好きなヲカンの腕の中で逝っただからコロちゃんにとっては最後の幸せだったのだろうか・・・

そういえば、デジカメ買ってから被写体に必ずコロちゃんが入っている。

デジカメ以前のコンパクトカメラでも撮った写真もあるが、それも今度スキャナで取り込んでおこうと思う。

溜まりに溜まった写真を整理してみたが、あらためて凄い枚数の写真がある。
残念な事に明るい単焦点のレンズとか初めて買った時の写真とかは、
素人臭い被写体深度が浅すぎて鼻がボケている写真が多い。
それでも沢山撮っておいた写真や動画は何時でも見れるように
ある程度厳選して、ルータの簡易NASに接続したUSBメモリに置いておくことにした。

その一部をデジカメの世代ごとに少しだけ載せてみました。

FUJIFILM Finepix1200

 

FUJIFILM FinepixA303

 

PENTAX OPTIO S50

 

PENTAX istDS + smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL

 

PENTAX OPTIO S50

 

PENTAX OPTIO S50

 

PENTAX istDS + smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

 

K10D + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

istDS + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

K100DSuper + smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL

K100DSuper + smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL

Panasonic LUMIX GF2+LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH

12月3日にお別れ会をしてきた。
安らかな顔だったのがせめてもの救いだった。

12月10日に塔婆を立てるのを兼ねてお参りに行ったが、
近くのコストコのオープン日と重なり
普段車で15分で行ける距離なのに、1時間も掛かった。
上の写真はその時の写真。

今でも毎日必ずと言って良いほどコロちゃんの話になる。
自分もコロちゃんと過ごした日々を思い出すと涙目になりそうになるが、
特にヲカンは家に居るとフラッシュバックで良く泣いてしまうらしい。
存在感の大きさとペットロス症候群と言うのをあらためて実感させられた。

0

2 comments to ありがとう、コロちゃん

  • しまの商店通販部

    長い事闘病、お疲れ様>コロちゃん
    うちはまだ次の猫がいたから助かった
    部分もあったが、これは時間が
    解決してくれるべよ。

    0
  • yhoshee

    >しまのさん

    うちも暫くして落ち着いたらまたワンコ飼いたいですね。
    猫はどうなんだろうかw

    0

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください