ASUSのBT6130をWindows10Proにアップデートした件

ASUSのOutletで30000円弱で買ったcorei5-3340s(Ivy Bridge)が載ったパソコンと、
20000円弱で買ったCeleronG1620が載ったBT6130の2台を「Windows 7 Professional SP1 64bit」から
「Windows10 Professional 64bit」にアップデートした。

そのままアップデートするのも面白く無いので、システム領域をSSD、データ領域をHDDとした環境に変更するために、
秋葉原でTranscend SSD370Sの256GBを2個買ってきた。
アークで週末セール価格9980円とかなりお買い得だった。

bt6130_sddset_001

BT6130は既製品なのにNANO-ITX規格が採用されており、ツブシが効いて尚且つ「Windows 7 Professional」の32bitと64bitの何れかが
インストール出来るので、自作ユーザにもピッタリな既製PCであるわけだが、残念ながら3.5inchベイが1個しか無いので、
2.5inch規格のSSDを搭載する場合は、現行のハードディスクを外して、3.5inchから2.5inchにするアダプタを使用する必要がある。

SSD370Sにそのアダプタが付いてくるのだが、データ領域としてHDDも搭載したいので、2.5inchを2台乗せられるアダプタを入手する事にした。

bt6130_sddset_002

ちなみにTOSHIBAの1TBのハードディスクMQ01ABD100も併せて買ってきた。
BT6130には元々SeagateのST500DM002が搭載されているが、例のごとく3.5inchベイは1個しかないので、
ST500DM002を外して、SSD370S+MQ01ABD100という構成に入れ替える。

bt6130_sddset_003

ちなみにSSD370Sはアルミ外装となっていて、放熱には多少有利のようだ。

bt6130_sddset_004

ここまでは順調だったのだが、中を開けてマザーボードを良く見てビックリ。
マザーボードはASUS製のP8H61-Iが搭載されており、そのままならSATAは4本あるので、
そのまま順調に終わる予定が、何故かマザーボードはBT6130用のカスタマイズ品となっていて、SATAコネクタが2つしか載っていない。
セコいレベルでケチっていると言うか、通常はSATAはベイの数だけで充分だから仕方ないか。

BT6130はスリム型の光学ドライブが採用されているが、SlimlineSATAから通常のSATAに変換されて接続されているのだが、
そうなると、出番の少なくなった光学ドライブを諦めるか、何か別の手段にする必要がある。

bt6130_sddset_005

マザーボードを見ると、USB2.0のピンが4本出ていて、そのうち2本は前面のUSB用で、1本がマルチカードリーダ用となっていて、
ラッキーな事に1本分だけ余っている。
インターネットを検索すると、SlimlineSATAからUSB2.0に変換するアダプタが売っているので、光学ドライブはUSB2.0で接続するように
プランを変更した。

bt6130_sddset_006

まぁ、何はともあれ、マウントアダプタは必須なので、ヨドバシ.comで注文した。
前日の23時半に注文して、次の日の13時には到着した。
最近は商品がある場合はアマゾンではなく、ヨドバシ.comを利用している。

商品の在庫があれば圧倒的に速くて良い。

bt6130_sddset_007

AINEXのアルミ製のアダプタは非常に評判が悪かったので、X-FANで有名な有限会社長尾製作所の2段式のアダプタを購入してみた。
値段は1個1000円弱だが、流石に精度は日本品質だと実感した。

bt6130_sddset_008

ちなみに2.5inchハードディスクは1個しか買っていないが、もう一台は以前NTT-Xで買っておいたコレを使う事にした。
Seagateといえば最近評判が悪いから気にはなるのだが、何分安かった。

bt6130_sddset_011

このSeagateのハードディスク、ネジ止めではなく、ハメコミなので正直分解して中身を使う用途はお薦めしません。
苦戦して開けても、中からSeagateとSamsungのダブルネームのディスクが出てくるので全く嬉しくありません。

安さに負けて買ったとしても、普通に外付けのハードディスクとして使うべきでしょう。

bt6130_sddset_012

長尾製作所のマウンタ、2台のドライブが少しづれて装着される設計となっており、
対象は熱密度が低くなって良い気がしますね。

bt6130_sddset_010

とりあえず、SSDとHDDを組み込み、光学ドライブは後程アダプタが到着してから作業を行うことにします。

corei5_hdd
これがST500DM002のベンチマークです。
Windows7ProからWindows10Proにアップデートした直後です。

bt6130_win10_seagate
Windows10Proをクリーンインストール後、ST1000LM024のベンチマーク、3.5inchの7200RPMのディスクとそれ程大差ないことに驚きがありました。
これなら省エネを狙って2.5inchのハードディスクでも良いです。

bt6130_win10_ssd370
SSD370Sのベンチマーク、流石にHDDよりも速いし、4Kが結果がハードディスクと比較にならない。
これは小さなファイルのR/Wがハードディスクよりも圧倒的に優れているという事でしょうかね。

0

2 comments to ASUSのBT6130をWindows10Proにアップデートした件

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください