いつでも里親募集中

最近は毎週秋葉行ってますが

メモリは相場が下落した時に大量に買ったので、ASUSのBT6130を買った時はその在庫を使ってきたのですが、 今年のお正月に買った、Lenovoの整備品のThinkCentre M700 TinyのRefurbished品はDDR4メモリなので、 今までほぼ放置プレイしていましたが、サブ用に使っているIntel Stick PCがあまり使えないので、その替わりに抜擢させようかと考えましたが、 メモリ4GBだと少し心もとないので、DDR4-2133の4GBメモリがGENOで少しお安めに売っていたので買ってきました。

今はメモリの価格が安定しているので4GBで2500円位でした。 相場が高い時は必要最低限のメモリを買いますw

とりあえず、元々刺さっていたメモリと同じメモリなのでかなり安心です。

メモリは2スロット有るので、4GB×2枚で8GBです。

ゲームしなければ、出来る限り小さい方が良いです。 と言っても、StickPCは少し性能的に不足しているので、あんまり使っていません。 youtubeとかAmazonPrimeVideoとか流している限りでは充分なんですけどね。 やっぱりNUCとかこういったパソコンが最小限のアップグレードパスを持っていて良いです。

とりあえず、無事に8GB認識しました。 そのうち、SkylakeのCorei5の6400T~6600T辺りが安く手に入ったら、 グレードアップしたい感じです。

いいね! 0 […]

lenovoの「ThinkCentre M700 Tiny」のRefurbished品を買った

放置プレイしてから2カ月目でようやく記事にしましたが、 今年の年始にlenovoの小型パソコンのRefurbished品が安かったので、 既にパソコン本体が飽和状態にも関わらず買ってみました。

スペックは第6世代Intel CoreプロセッサのSkylake版Celeronこと、「Celeron G3900T」に、 PC4-170000 DDR4の4GB、120GBのSSDを搭載、OSは標準でWindows10Proが乗って、 23000円位でした。

OS単体+アルファ位の価格という感じです。 まぁ、Refurbished品という事でどんな状態で届くか楽しみでしたが、 小型のパソコンに似合わず、巨大な段ボールで届きました。

何というスカスカ感www

キーボードが乗った段ボールをどかすと、本体がこんな状態。

いいね! 0 […]

雷禅

Core2duo辺りからAMDのCPUの性能の雲行きが怪しくなり、 10年近く絶対的な性能でIntelに追いついていなかったAMDが、 ZENアーキテクチャのRyzenで復活する予感が。

AMDの石を好んで使っていた私でさえも、x86_64に関してブルドーザー以降は諦めてIntel製のCPU搭載の コンピュータばかり買っていましたが、ようやくAMDの石を搭載したコンピュータが買えそうな感じです。

と言っても残念ながらスペースの都合で、 今は小型PCとかノートやタブレットばかりで、大きなパソコンは組む気も有りませんけどね。

Ryzenのあまりの高性能ぶりに、胡坐をかいていた天下のIntel様も相当焦っているようで、 早速大幅にプライスダウンするそうで、やはり健全なレベルで切磋琢磨した状態が一番好ましい。

いいね! 0

Microsoft Officeのファイル

エクセルとかワードとか、家でも編集する必要が出てくることが有るのですが、 頻繁に使う事も無いので互換OfficeのLibreOfficeで編集した後、MicrosoftのOfficeViewerで 表示確認とかして何とか切り抜けています。 と言うか、そろそろ世間的にもMicrosoftのOfficeに頼る風潮は止めて欲しいところです。

そりゃ、頻繁に使うPhotoshop Lightroomとかだと普通に買うのですが、 使用頻度が少ないのにOffice買うのはバカらしい。

LibreOfficeの表計算ソフトであるCalcはMicrosoftExcelのファイル形式(xls、xlsx)とソコソコ互換性はあるものの、 Powerpointの互換である、Impressは正直かなり厳しい。

実際にはImpressで編集して、最後にPowerpointのファイル形式(ppt、pptx)にエクスポートするわけですが、 そもそもImpressの表にバグが有るのか、ファイルのオープンクローズの度に表の中の文字が崩れてしまい、 しかも表の枠が下に伸びて、毎回修正するのがゲンナリしてきます。

無料で使ってアレですけどLibreOfficeの最新版5.2で試してダメなので、 流石にOffice買うべきかと考えたところ、そういえばandroidにMicrosoftのWord、Excel、Powerpoint有ったなと思い、 androidタブレットにbluetoothのキーボードとマウスをつなげて試してみたところ、 正直機能が少なくてあまり大きな修正をするには向いていない感じでした。 誤字を修正する位なら使えそうですけどね。

androidのMicrosoftOfficeを使うのも厳しいので、 とりあえずGoogleドキュメントにpptx形式でインポートしてみたら、 全体的にフォントの種類や図形の位置を修正する必要があるものの、 操作性がかなり良くて、短時間で修正することが出来ました。

Choromeが入っているパソコンやスマホならそのまま使えますし、 保存も自動的にやってくれて、非常に便利です。

気が付くと、携帯からスマホへ移行したタイミングでWindowsがandroidに置き換えられたように、 こりゃ、そのうちMicrosoftOfficeもGoogleドキュメントに置き換えられそうです。

いいね! 0

ようやくorange pi pc2にOSを入れた

TrancendのULTIMATE600xシリーズの16GBのMicroSDHCのR/W性能の確認が終わったので、 先日中国のAliExpressで買った「orange pi pc2」にOSを入れてみた。

インストールしたのは、「Ubuntu_Desktop_Xenial_xfce4_PC2_V1_0_0.img」と言うイメージ。 ここからダウンロードします。

xzで圧縮されているので、Windowsで作る場合は、7zip等で解凍する必要があります。 解凍した後は、imgファイルをWin32DiskImager等を使用してMicroSDHCに展開してあげます。

作った後は、「orange pi pc2」のMicroSDスロットに挿して、起動しますが、 そのままだとファイルシステムが4GBしか使っていないので、 16GBまで拡張してあげます。

ファイルシステムのサイズを変更し、日本語環境にしました。 ここまでの手順を残した方が良いと思いましたが、 何せ試行錯誤したので、もう一回やらないとダメかもw

あとは幾らMLC NANDのMicroSDHCとはいえ、 ログファイルを頻繁に書き込まれるとフラッシュメモリの劣化が怖いので、 ログの出力先をtmpfsに変更する必要があります。

CORETEX-A53のクアッドコアなので、サクサク動く感じです。 ただ、動画再生はこのままでは厳しいようで、 YOUTUBEとか開くとカクカクします。 詳しく原因を追ってませんが、ダウンクロックしているのかな?

こんな環境がたった2500円程度(全て込でも5000円程度)で実現できているのが驚きです。

いいね! 0

メモリカードリーダ

TrancendのULTIMATEシリーズのMicroSDHCカードを現在パソコンと接続している GREEN HOUSEのGH-CRXC49U3Bで思ったほどR/W性能が出ないので、どうやらこのカードリーダは

UHS-Iに対応していないようなので、以前あきばおーで買っておいたTrancendのカードリーダで試してみることにしました。

まぁR/Wとも40MB/s程度出てれば充分なんですけどね。

TrancendのTS-RDF5も600円で買ったので、UHS-Iに対応していないかも・・・

これがTS-RDF5にULTIMATE600xの16GBをさして試した結果ですが、 やっぱりUHS-Iには対応していないようです。

どうやら、TS-RDF5はUHS-Iに対応しているため、これがULTIMATE600xの16GBの限界のようです。

いいね! 0

orange pi pc2が無事に到着した

アメリカ大統領選挙の時に買った、送料別で20ドル以下で買えるラズベリーパイのような ARMのボードが11/23に無事に到着しました。

結局、トランプ氏が大統領になったせいで、若干円安に振れて、 購入金額が微妙に高くなってしまいました。

アマゾンとかと違って、1日~2日で到着しないので、 到着するまではハラハラドキドキな感じです。

しかし、流石中国、外側の段ボール箱は潰れているし、中はこの通りプチプチとかで 隙間を埋めて無いから、中箱が動き放題の状態でした。 ちなみに粗相氏の分も含めて、3枚購入しておきました。

搭載チップはAllWinner H5という事で、Coretex-A53のクアッド構成なので ソコソコ速い感じですかね。

しかし、この変態なチップの配置が溜まらないですw こんなボードが1枚辺り2500円程度で入手できるって驚きです。 今の所不要ですが、動画再生支援機能が強力で4K30Pとかの動画も再生出来るとか。

いいね! 0