いつでも里親募集中

シムロックフリーのスマートフォン

シムロックフリーのandroidスマートフォンは既に何台も持っているのですが、 中国ZTEの2015年12月に発売された「AXON MINI」が税込み15180円で売っていたので ついつい購入してしまいました。

ZTEは、ハードウェアは良い部品使っていたりして完成度が高いのですが、 androidのメジャーアップデートを放置するので、型落ち末期になると投げ売りしていて、 最新のOS以外でも良い場合はかなりお買い得だったりします。

現に「AXON MINI」も発売当初は4万円程度でしたので実に62パーセントOFFで、現在は更に値段が下がり14230円で売っています。

私の場合はメインのスマートフォンはNEXUS5Xなので、最新OSはそっちへ任せているので更新されなくても 余り問題になりません。ただセキュリティの面ではあまり宜しくは無いと思いますけどね。

ZTE製のgooスマホ版はリンゴにそっくりなデザインですが、 AXONは独特なデザインだったりします。

付属品は最近のシムロックフリースマートフォンと同じような感じです。

SIMはZTE製のスマホで一般的なトレー式。

これだとシムアダプタ使うのためらうので、 個人的には直接挿すタイプが好きです。

SIMのサイズはnanoサイズで、2スロット目はMicroSDと排他利用です。

私が持っているZTEのスマートフォン。 左からBlade s g03、真ん中はBlade V6、右がAXON MINI。 AXON MINIの画面は5.2インチのFullHDの有機ELでIPS液晶に比べるとかなり見やすいです。 ただ、有機ELは寿命が短いのですが、最近のスマートフォン自体寿命が短いので、 余り問題になる事は無いのかと思います。

メモリは3GB、フラッシュメモリは32GB搭載して、流石に元々ミドルレンジより上のモデルです。

[…]

イオンモバイルのSIM

先日イオンモバイルのデータSIMタイプ2を契約してきたのですが、 早速今使っているFreetelのSAMURAI雅に装着します。

将来性を考えて、nanoサイズのSIMですが、 SAMURAI雅はmicroSIM×2なので、シムアダプタが必要になります。

秋葉原で買うと380円位するので、アマゾンのマーケットプレイスに出店している お店から購入するのですが、価格競争激化で最安価が1円とか2円で買える状態だったりします。

ただし、カートに入れる前は送料無料となっているのに、 購入の最終確認画面で何故か送料380円が追加されるので、 あえて1セット50円位のお店から購入すると、送料無料で買えたりします。

但し、購入枚数制限が設けてあって、大抵2~3セット位しか購入出来ませんが、 ヤマト宅急便のDM便で送られてきます。 しかし、2セットで送料込み104円とかで買いましたが、 この価格で業者儲けあるのか疑問ですし、 アダプタ自体は中国で製造されていて、タダ同然の価格で仕入れていると思うのですが、 DM便ってそんなに安く契約できるのかね?

無事にSAMURAI雅に装着、スロット2は0SIMが挿してあって、 設定画面から切り替えて使用することが出来ます。

正直なところ、SAMURAI雅の出来はイマイチなんですが、 12800円と格安で買ったのと、MicroSDXCが装着できるので、 テザリング+モバイルのファイル置き場的な使い方をしています。

SAMURAI雅自体、中国深センのBVCと言う会社が製造(TCL集団という話も)しているようですが、 同じ中国製でも最近人気のHUAWEIのスマホの方が出来が宜しようです。

HUAWEIのスマホはシムフリーだとASCENDG6、DOCOMOの白ロムだと「Ascend HW-01E」を持っていますが、 年々クオリティが向上してて、正直中国製と侮れないどころか、スマホに関しては既に完成度の面でも日本のメーカーは 負けている感じすらします。

いいね!0

MicroUSB Type-Cのケーブルを入手

MicroUSB Type-Cコネクタを採用したNexus5xに機種変更したので、 MicroUSB Type-Cの充電環境を向上させるために、アマゾンでMicroUSB Type-Cのケーブルを物色して購入しました。

もっと高いかと思っていましたが、レビュー評価が悪くない、ABOAT製の5本セットを購入してみました。

同じような大陸系だとAnkerとかAUKEYの製品はパッケージが凝っていますが、 このメーカーの製品パッケージは質素な感じです。

[…]

Nexus5xのカメラでRAW撮影

Nexus5xはRAWでの撮影が可能となっていて、私は有料アプリのCamera FV-5を使っているので、 このアプリの設定変更することでRAW(DNG)で撮れたりするので、何枚か撮ってみました。

町田その1

まぁ、絞り羽根が無いのでF値そのままでしか撮れませんし、豆粒センサーなので拡大すると粗が見えますけど、 ごく一般的なコンデジ以上の画質で撮れるので、そりゃコンデジ売れなくなるわけですね。

町田その2

RAWだと、写真1枚で24MB位になるので、撮った写真はコンスタントに移動させてあげる必要がありそうです。

ロマンスカーLSE

そろそろ終焉も近いロマンスカーLSE。

横浜その1

ダイナミックレンジは狭いけど、自由にシャープネスとノイズ軽減具合を調整できるのでかなり便利です。

横浜その2

先日まで使っていたDignoT302KCと比べて耐衝撃とか防水は無いけど、レスポンスが中々良いので今のところ良い感じです。

[…]

スマホを機種変更した

今使っている、京セラのDignoT 302KCが2年以上経ったのと、 通話で相手側に雑音が入って聴き辛いと文句を言われることが多いので、 日曜日に町田のヨドバシへ行って機種変更してきました。

ちなみに、DDIポケット時代の「*.pdx.ne.jp」アドレスは302KCの時に使えるようにしたので、 そのままSOFTBANKのメールアプリを入れることでそのまま使えます。

当初は一番安くて実質108円のiPhone5sにしようかと思いましたが、店員さん曰く、iPhone用のSIMは特殊で、 他のシムロックフリーなスマホにシムを差し替えて使う事が出来ず、またシムロックフリーのiPhoneでもダメという事で、 諦めて他のandroidにしようと考え、モデル終焉で割引が大きいファーウェイの503HWと悩んだ挙句、 結局ランニングコストが安いNexus5xにしました。 503HWはP8LiteのYMobile版で、これにするなら2.5万円出してP9Liteの方が良いからね。 ちなみに、503HWが実質1.2万円、Nexus5xが実質1.8万円位でした。

NexusはMicroSDカード刺さらないので、16GB版と32GB版で迷いましたが、 月々1000円違うので、16GB版にしました。 YMobileも早く16GB版を処分したいんだろうね。

まぁ基本的には外で動画観ないし、必要性の低いファイルはクラウドや自宅鯖に保管しておけば良いから、 16GBでも何とかなるかなと。

一応4万円弱でしたが、一括で買うとヨドバシのポイントが付くので、一括で購入。 機種代の分割が無ければ、スマホプランSで税込み3218円ですが、ここから800円程引かれるので 24カ月間は2300円位で運用できます。 先月機種変更すると手数料がタダだったんですが、まぁ仕方無いかなと。

とりあえず、これで当初の目的であった、MicroUSB Type-Cのスマホを入手したわけですが、 ブランド終焉とは言え、Nexusは不要なアンインストールできないアプリが少なくて良いです。 購入後、ヨドバシの売り場で画面保護シートを物色しつつ、ヨドバシWifiにつなげて、 早速androidのバージョンを7.1.1にアップデートw

家に着くころには殆どのアプリが入っている状態になっていました。

あとは、背面カメラがSONYの裏面照射型CMOSセンサー、IMX377を採用しているので、なかなか綺麗に撮れるのと、 有料カメラアプリのCamera FV-5でRAW(DNG)で撮影できるので良いです。 手振れ補正ついて無いので、手振れに弱いですけどね。

基本的に良い端末ですが、1点気になる所があって、 イヤホンジャックが奥まで刺さらない。 奥まで刺さらないので、4極プラグイヤホンのリモコンが効かず、不良品かと思いましたが、 単純にかなり硬いだけで、少し強めの力でイヤホン抜き差しを何度かすると刺さるようになりました。

いいね!0

asusのタブレットが2台連続で文鎮化

格安のタブレットを複数持っていて、その中に7inchディスプレイの解像度1200×800のASUSのタブレットを3台持っていたりします。

ME173Xの画面が汚れているのはご愛敬で(w

左がASUS MeMO Pad 7 ‏(ME176C)‏でasusアウトレットで買ったフラッシュメモリが8GBの廉価版(w 中央がASUS MeMO Pad HD 7 ‏(ME173X)‏でこれまたasusアウトレットで買ったフラッシュメモリが8GBの廉価版(w 右がNEXUS7(2012)のBIGLOBE契約者に特別に販売していたこれまたフラッシュメモリが8GBの廉価版(www

廉価版故に全て1万円前後で購入していて、インストールアプリを厳選すればソコソコ使えるタブレットだったりします。

このサイズは寝モバに最適で、寝ながら2chみたり、youtubeを観たりして使っていたわけですよ。 しかし、ME173XとME176Cが相次いで過放電で起動しなくなりました。

数日放置すると電池が無くなり、バッテリー残量が10パーセントを切ったら自動的に電源落としてくれりゃ良いところ、 起動出来ないレベルまで過放電してしまうんですよ、asusのタブレットは。 それでもって、過放電した状態だとdeepsleepモードという状態になっていて、 そのまま電源ボタンを押しても起動しなくて、まさに文鎮状態になります。

どうしようかと考えているところ、 裏フタをこじ開けて、バッテリーのコネクタを刺しなおすと起動するようになるという 情報をみて、少し分解してみたいという気持ちも有り、早速アマゾンのマーケットプレイスでスマホとかタブレットを こじあける中国産のツールを購入、勢い余って3個も(w

なんか100円位だったので、3個位買わないと悪いかなぁ~と思ってね。

asusのタブレットでアホな設計だと思うのが、ボタンの配置が違うところ。 NEXUS7とME173Xは電源ボタンが上部にあるのに、ME176Cはボリュームボタンの下にあって、 複数機種を持っていると確実に押し間違います。

このあたりの設計ポリシーは統一出来ないのかね。

まぁ兎に角ツールを使って開けました。

最近のスマホやタブレットはapple製品にならい、 裏蓋が開けられない設計になっていて、ハメ込み式で 突起を外してあげる必要がありますが、当然開ける事を想定していないので、 数か所割れました。

左がME176C、右がME173Xとなります。 流石に新しいME176Cの方が設計が洗練されている感じがしますね。 そして、同じ7inchタブレットですが、ME176Cの方が一回り小型です。

バッテリーから延びている電源コネクタを上側に外して、数分放置してから 再度コネクタを装着します。

ME173XもME176Cと同様にコネクタを脱着します。 それでもって、電源ボタンを押してみました。

起動しねぇ~

ME173XとME176Cの両方ともダメでした。 NEXUS7(2012)でも同様な事例が多く、 まだいくつかdeepsleepモードから抜ける方法があるようで、 試してみますが、こんな面倒臭いタブレット次は買わないです。

[…]

マイクロUSBケーブル

最近の携帯端末とかマイクロUSBから充電する機器が多いですが、 ケチって100円均一のマイクロUSBケーブルとか使っていますが、 どうも耐久性に疑問がある。

そりゃ108円なので品質が悪くても文句言えませんが、 マイクロUSBの端子は10000回まで抜挿しても壊れないように設計されていますが、 100均のケーブルは200~300回程度で接触不良になる事が多いです。

耐久性考えると秋葉原に行った際に、ジャンク扱いですが、 MARSHAL PREMIUM STAGEの実店舗で新品のマイクロUSBケーブルが50円で買えたりしますので、 そういったケーブルを買った方が良さそうです。

いいね!0