いつでも里親募集中

最近のコメント

バイオハザードUC

どうせ積みゲーが多くて直ぐに出来ないと思ったので、去年の年末に買わずにValue版を待っていたら、 つい先日発売されていたので早速入手してきました。

アンブレラクロニクルズ難易度かなり高い気がしますね。 ボスが固過ぎ・・・ 指が疲れるよ

いいね! 0

patagoniaビール

patagoniaと言うと自分は真っ先にアウトドアブランドを思い浮かべますが、 そもそもpatagoniaって南米アルゼンチンとチリに跨る地域の総称で、 同じその地域の名前をとったpatagoniaビールが近くの鈍器で売っていたので買って飲んでみた。 なんか結構流通量も少なく入手困難みたいですね。

超軟水なだけあって、クセが無くて非常に飲み易い。

いいね! 0

2泊3日信州・北陸方面びんぼ~旅行(3日目後半戦)

飯田駅:13時31分発

元善光寺駅:13時41分着

さて、駅名のお寺さんへ向かいます。

駅から7分位ですね。

長野の善光寺と比べてひっそりとしています。

元善光寺到着、元々は坐光寺と呼ばれていて、現に道路を見ると坐光寺という 文字が沢山見られます。

本尊が長野の善光寺に移された際、元善光寺という名前に変更されたそうです。 「善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」ということで、今回両詣りを達成しました。

元善光寺

善光寺

少しウロウロしてました。

ホームページの写真は初詣の頃の写真かな。

お参りしているの数人しかいませんでした。

由来が書いてあります。

さて、お参りを済ませてお守りを買います。

よーし、ひと気が無いけど、長野の善光寺でも入ったお戒壇巡りするぞー。

基本的に自分は怖がりの方だと思いますがマジで怖かった ただ詳しい話は割愛しますが極楽のお錠前は長野の善光寺さんよりも 見つけ易かった。

ひと気が無い本尊下にある真っ暗な通路の暗闇に一人ってマジで精神の修行レベルです。

時間は短いですが遊園地のお化け屋敷なんぞ比になりません。

ちなみに長野の善光寺さんの方が通路の距離は長いけど、人が沢山入っているのでそれ程恐怖心は無いです。 気合の足らないゆとり教育世代の子は是非一人で入ってみることをお奨めします。

そんなこんなで冷や汗をかいた後、境内を少し観覧します。

これは平和殿ですね。

まぁ、殆ど見終えて電車到着まで少し時間があったので、街を探索します。 飯田線の踏切を渡って反対側の交差点には東京神奈川でも良く見かけるチェーン店が軒を連ねてました。

ツタヤとか牛角。

こっちはゲオ。

DAISOなんかもあります。ちょっとのぞいてみましたが、何時ものDAISOですね。 さて良い時間になってきたので、駅へ戻ります。

ちょうど飯田方面の電車が走っていたので、激写。

元善光寺駅のホームから。

暫くして電車が到着します。

元善光寺駅:14時54分発

カーブだらけです。

さて、そろそろ次の目的地へ到着するぞ。

[…]

2泊3日信州・北陸方面びんぼ~旅行(3日目前半戦)

さて、3日目ですが、前日にいろいろ観光地を調べ時刻表を見ながら行程を考えていたら、 睡魔が来て直ぐに寝ました。 流石に疲れたのでその日はグッスリ寝て気が付いたら朝の6時10分。 1Fにある温泉が男女交代制の為、時間内までに入らなくてはなりません。

夜と朝の2回の温泉と、朝食。 ビジネスホテルをとことん満喫してます。 普段の生活よりも規則正しい生活をしていました。

風呂から上がって、7時からの朝食をいただきに食事場へ行きましたが、 結構な混み様、無料ということもありほぼ席は満員でした。 それでも何とか全てのおかずをよそっていただきましたが、 朝食時間は無料でドリンクも飲めるのですが、 この時間帯だけドリンクのディスペンサーが無料開放される仕組みで、 ちょっとエコじゃ無いですね。

まぁ無料にしては良い感じでした。 朝食をいただき、7時50分にホテルを出ます。

松本駅には8時に到着し、3日目の日付を18きっぷに入れてもらいます。 これで今回の18きっぷを期限ギリギリ使いきった事になります。

ホームには快速みすずが停車していました。

6両編成で長野からやってくるのですが、松本で前3両と後3両に分割されます。 前よりの3両は上諏訪まで快速運転になりますが、後3両は各駅になり、 飯田線へ直通となります。

車掌さんが女性の方でした。 今回の旅で結構女性の車掌さん良く見かけたなぁ~

今日も良い天気です。 疲れと少々寝不足でウトウトしてました。 岡谷で進行方向が逆になりました。 飯田線へ入っていきます。

昨日のコンビニで買ってあった、1リットルのアクエリアス。 ローカル線は何時飲み物の補給が絶たれるかわかりませんので、 多めに所持する必要があります。 夏場、食い物は我慢できても水分は非常に危ないですしね。

飯田線も山間部を走っているので、景色が良いです。

結構至る駅で交換設備の撤去がされています。 昔はもっと本数があったんだろうけど、今は随分と減っちゃったんでしょうね。

飯田駅へ到着。

飯田駅:10時57分着

JR東海373系の特急の伊那路が停車しています。 MLながらが定期運用を廃止したら伊那路はどうなるんでしょうね。 勿論この電車には乗らずに停車していた天竜峡行きの119系の乗り換えます。 105系をベースにセミクロスシートで、廃車発生部品を使った車両です。

2両編成です。

車内はこんな感じですね。 この車両はワンマン対応済みですが、対応していないと 無人駅に着く度に車掌さんが走りまわっていて大変そうです。

飯田駅:11時03分発

[…]

PENTAX K-m

どうやら前から噂されたPENTAXのK200Dより小型の一眼レフである、 K1000DとかK2000Dとか呼ばれていたモデルの情報がリークされたみたいですね。

ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1221834966/

性能は下記みたいですが、ボディ内のAFモーターを排除するみたいで、 NikonのD40とかD60の二番煎じのような感じですね。 ちなみにボディ内AFモーターを廃止したので、レンズ内モーター内蔵の軽量化した 18-55mmと55-200mの新モデルも合せて出るみたいです。

しかし99.99パーセントRAWで撮る自分にとって、JPEG4枚は少なすぎです。 これだけバッファが小さいとRAWじゃ基本的に連射不可とかなのかな? JPEGが5枚でRAWが4枚でしたね。 性能とAFの測距点からみて、*istDL2の進化版かな。 現在の情報を整理すると、恐らく来週中には正式発表されるんじゃないかと思います。

・CCD 合計 10.75 Megapixels 実効 10.2 Megapixels サイズ 23.5×15.7mm ・ペンタミラー 視野率96% ・2.7インチ液晶 ・測距点 5つ ・ボディ内手振れ補正 ・ダストアラート、ダストリムーバル搭載 ・単3電池駆動 (リチウム、アルカリ、Ni-MH) ・PENTAX KAF2 マウント (KAF2-, KAF-, KA-コンパチ) 超音波モーター内蔵レンズ対応 ・連写 2.8コマ/秒 4枚まで(JPEG時) ・防塵防滴ボディ ・重量 不明

ちなみに、信州・北陸旅行の続きですが、アクシデントがあって進んでいません。 写真自体は投稿済みなのですが、あと文章を入れる作業があるので、 あと少々お待ちください。

2008/09/22 23:26 更新

いいね! 0

2泊3日信州・北陸方面びんぼ~旅行(2日目後半戦)

ちょうど、455系下り普通電車が入善駅へ到着しました。

本来はタクシーで行くような場所ですが、1人だし歩いて行ってみます。

踏み切りをわたります。

しかし、天気がよいけど、これは日焼けしそうだ。

ショートカットをする為に途中でT字路をまがります。

しかし、一面田んぼで何もないです。

更に十字路を右に曲がります。

どんどんまっすぐ突き進みます。

まだまだ直進。

あらま、日本海に出てしまいました。ちょっと行き過ぎたw

海岸線を少し歩いて、直ぐに離れて行きます。

GoogleMapsを参考にしたのですが、どうやら迷って遠回りをしたらしい。 ようやくそれらしき建物が見えてきました。

見えるけど、道路は直線じゃ無いからなかなか着きません。

ようやく到着。昨日ネットで調べた「杉沢の澤スギ」

実は、もう少し足を延ばして富山へ行こうと考えていたのですが、 予約したホテルに19時には入りたいので、その時間から逆算すると 富山まで行くと現地滞在時間が1時間とかなってしまうので、

そこそこ時間が作れる駅を選んだらここになったわけです。

ちなみに、迷って遠回りしたので、最短30分で行ける距離を50分以上かけてしまいました。

さて、この看板からまだ少し歩きます。

ようやく到着。 一応天然記念物に指定されていて、かなり珍しい杉林みたい。

モダンた建物が見えます。

建物から見晴らせるみたいだが、それを知らずに突き進みました。

春に訪れたくない場所No.1です。 こんな場所に入ったらそれこそティッシュが幾ら在っても足りませんよ。

しかし最近こんな場所ばかり来ている気がしますよ。

でも、少し幻想的かも。

いやいや、涼しいです。 こんなところならクーラーなんか要らないですね。

この付近が一番良いかな。

[…]

2泊3日信州・北陸方面びんぼ~旅行(2日目前半戦)

朝6時20分頃起床、今日も清々しい朝だった。 朝も勿論温泉へ入ります。 その後、1Fにあるレストランで無料朝食をいただく。

出る準備を終え、少し休んで7時50分出発。

5分程度で長野駅到着、18きっぷにハンコをいれてもらいます。 ハンコの押し具合がよろしく無く、文字が滲んでしまって読めなくなってしまって、 1日使えるか焦ったが、3回目が8/8入っているのでそれを見て何とか判別できる感じでした。

何かしなの鉄道が人身事故で遅れていた。 しなの鉄道とJRは運用が一体になっているので、自分が乗ろうとしている 電車も10分程度遅れて入線してきました。

時間があったので駅で少し電車を撮影。

名古屋行きの特急しなの。

暫くして妙高1号が入線してきます。 各駅停車なのに固有の名前が入っていて、昔碓氷峠を登ったであろう 189系の特急車両を使っていて、少々得した気分。

車内のアコモは更新をしていないらしく「昭和」を感じましたが、 特急型だけあって乗り心地は良いです。

長野駅:8時10分発(実際には10分遅れの8時20分)

妙高高原も景色が素晴らしかったです。

妙高1号からの車窓

途中の新井駅には、快速くびき野が停まっていました。 新潟方面へ行くにはこれに乗り換えるのですが、今回は直江津駅目指して 妙高を乗り通します。

9時41分、直江津駅到着。

この電車は、新潟色の115系かな?

そして189系の妙高1号。

相当経年劣化が進んでいます。

あと数年で廃車になるのかな・・・ 乗換えも時間も余り余裕が無いので、駅弁を買って直ぐに乗り換えます。

北陸本線の419系。元々余剰した寝台電車の583系を最小限のコストで近郊向けに 改造した車両で、長い編成を3両や4両にしたため、中間車両にも運転台を付けたから、 食パンみたいな風貌になってしまって、700mmの折戸が2箇所しかなく、 車内もクロスシートの部分は寝台の設備が除去されずに、更に窓が小さいため、 結構薄暗いです。

でもまぁ、車両限界ギリギリまで使った車両なので、天上が高く、 威圧感はそれ程無いですね。

筒石駅:10時05分着

駅構内を見学します。

平日ということもあり、筒石駅に降りたのは10名弱でした。

[…]