いつでも里親募集中

鶴見線散策(後編)

鶴見行きへ乗り込みます。 3両編成の短い車両で、これまた山手線のお古の中間車を先頭車化改造した車両です。

鶴見線は鶴見駅を除いて全ての駅が無人駅ですが、運行はワンマンじゃ無いです。

昭和駅へ到着。

そして次の目的地、国道駅へ到着、と言うか最後の目的地なんだけどねw 今回、大川とか海芝浦とかも行ってみたかったのですが、 全然計画しなかったのと、フリーパスじゃ無いのであんまり無理するのもアレかと思い、 少なめにしました。

鶴見線の駅の中では結構これまた有名な駅ですね。

薄暗い階段を下りていきます。

途中の渡り廊下で下り方面の階段と合流します。

戦前の鶴見臨港鉄道時代の開業から殆ど姿を変えていない駅。 鶴見線の全ての駅に言える事ですけど、古い駅舎が現役で残っています。

私のようなたまに訪れるようなものには何か懐かしい思いにさせられる部分がありますけど、 普段から利用している人からの視点では全く違ったものになるのかもね。

既に店は閉まっているのに、看板だけは残っていたりします。

何故「国道」駅と言うのかというと、目の前が国道15号線だからだとか。 安直だけど実にシンプルな思考w

国道15号の反対側の出口。 高架線の下は住居になっているんですけど、今の建設基準法だとこういう形態は違反なんだろうかね? 振動や騒音対策を施していれば駅に近くて合理的なんだけど、あんまり住みたくは無いなw

そして、国道駅で妙に感じた事は、やけに自販機が設置してあること。 そして、殆ど100円とリーズナブルな所。 何もしないよりも、自販機でも置いておけば少しでも儲けになるからなのかね。

昭和の全盛期から全く姿を変えていない駅だけど、寂れて殆ど閉まったりしてます。

 

昭和の全盛期はにぎやかだったんだろうな。

 

そういえば、米軍の空襲の機銃掃射の跡が今も残ります。 実は場所も後から調べて分かったと言う堕落具合w

狭い土地を有効に利用できる形態ですけど、耐震性とか気になります。 ただ、こういった昭和の風景も時代と共に減っていくんでしょうね。 さて、家へ帰宅するにはまだ少し早いので何処かで休憩でもして時間をつぶしましょう。

この店は当然パスですなw

とても綺麗なマックがあったので、ここへ入ります。 今ならビックマック200円だしね。 […]

鶴見線散策(前編)

金曜日は職場が休みだったので、随分前から気になっていた南武支線~鶴見線の散策をしてきました。 本当はフリー切符とか使える期間だったら良かったんだけど、残念ながら無いのでSuicaで廻った。 先ずは南武線の尻手で南武支線に乗り換えて浜川崎へ。

南武支線は山手線のお古を先頭車化改造した205系2両編成ワンマンカーが、1時間に1本~4本程度走ってます。 南武支線と鶴見線の本数の少なさを甘く見て余り計画せずに出かけて、 Streakで乗換時間調べて余裕があったので、途中下車して飯と食べておいた。  

浜川崎到着、尻手から7分で到着します。 ここでSuicaで鶴見線に乗り換える場合、Suica簡易改札機をスルーしなくちゃならないんですが、 実は恥ずかしながらそのルール知らずにタッチしてしまった。

まぁ、鶴見線の扇町行きの電車はまだ1時間あるから結局歩いて向かう予定だったから関係無いんだけどw

そこそこの都会に居てこの雰囲気、時間が無いけど小旅行したい場合にぴったりかもね。

南武支線の浜川崎駅です。 南武支線と鶴見線の改札は道路を挟んでいるので、一回外へ出る必要があります。

こちらは鶴見線の浜川崎駅。 鶴見線の路線図を見ていただくと分かりますが、途中から幾つも支線に分岐していて、 工場地帯故に昼間の時間帯は頗る本数が少ないです。 扇町行きはまだマシな方で、大川支線は昼間の時間全く在りません。

予めタイムスケジュールをシミュレートしてないので、仕方なく歩いて向かう事にします。 電車乗れば近いのに、歩くとエラク遠回りさせられます。

とりあえず、GoogleMapsで行き方は分かったので、先ず左折して産業道路の方に出ましょう。

産業道路はトラックがバンバン走っているので、マスクが必須です。 この先ずっと行くと、川崎のコストコへいけます。

浜町の交差点で右へ曲がります。

工場地帯も結構良い感じだよな。 工場地帯萌えも少し分かる気がします。

この付近、結構不法投棄が多いですね。 窓割れ理論で、誰かが捨てると便乗して捨てるんでしょうね。 ああいった不法投棄の実態を知ると、あんまり他の国の事言えなくなります。

ただ、この雰囲気たまりませんな。

途中でかなり薄い建物がありました。

廃線跡もたまらないw そして妄想がとまりませんw

元々、昭和駅手前から工場への引込み線があったらしく、踏み切り跡があります。

昭和駅を少し過ぎて、更に右折します。

天気が良くて歩くのに丁度いいです。

もう直ぐ扇町に着きますが、この付近工場だらけで工場の風景が好きな人にはお勧めです。 […]