いつでも里親募集中

シェーバー買った

Braunの初代洗浄機付きのアクティベーターの一番最下位機種のBS8585を使ってましたが、 一度替刃を変えてから順調に使ってきたのですが、1年半前位にそり心地が怪しくなってきたので もう流石に結構高いBS8585に適合する替刃を買うのも馬鹿らしいし、 そもそもバッテリーもヘタって来ているので買うことにしました。

買うまで期間は仮として昔BS8585購入前に使っていた、SEIKOのES1915とBraunのBS5612を代替で使ってましたが、 結局そのまま使ってきたのですが、流石にそろそろ新しいシェーバーを買ってみることにしました。

アマゾンで色々物色していましたが、どうもPHILIPSのシェーバーがとても気になり、 WET/DRYで使えるシェーバーの中では一番安い機種、AT754を買いました。

3500円位で買えたのですが、替刃ユニットのHQ8/51が3000円程度なので、

本体寿命=替刃寿命

が成り立ちますね。 更に1つ下のDRY専用のPT725も同じ替刃ユニットですが、 こちらは本体価格が3000円程度ともはや本体ごと買って替刃以外捨てても そっちの方が安いと言う有様。

PHILIPSのシェーバーはBraunやPanasonicのシェーバーと比べて深剃りが苦手で シェービングの時間も掛かるみたいですが、肌に優しいと言うメリットがあります。

流石に付属品は質素、まぁ個人的には充電台とか邪魔なのでコレで充分。

一昔のシェーバーって安物はニッカドで高い機種だとニッケル水素が多かったのですが、 現在は安いシェーバーでもリチウムイオンなんですね。

充電アダプタが小さくて良い、ただしフル充電に8時間掛かります。 まぁ寝てる間に充電する場合が多いから、渡し的にはコレでも問題なし。

通常の往復式のシェーバーは下から上に向かって剃りますが、 PHLIPSのシェーバーはクルクル円を書きながら剃ると良く剃れるとか。

刃のメンテナンスも楽そう。 まぁ、Panasonicのラムダッシュとは対極のシェーバーなので、 併用すると便利そうだ。

[…]

BISTRO309

最近はラゾーナ川崎へ行くと、食事は「かつくら」か「BISTRO309」のどちらかしか入ってませんが、 今回はドリンクを沢山飲みたいのでBISTRO309に入った。 パン食べ放題が魅力的なのか、相変わらず混んでる。

通常のサンマルクグループの店と比べると安いので、普通のコーンスープ。

そしてこれまた普通のシーザーサラダ。

今回はチーズフォンデュハンバーグを注文。

パン食べ放題はソコソコにして、喉が渇いていたのでドリンクバーを多めにお替りした。 しかし、オレンジジュースやグレープフルーツジュースが飲み放題はお得だ。 と言うか、サンマルクグループのドリンクバーがある店へ来ると、大抵コールドドリンクは オレンジジュースやグレープフルーツジュースばかりお替りしている。

いいね!0

Tokina AT-X24-40mmF2.8

もうひとつのレンズ、TokinaのAT-X24-40mmF2.8が問題有りだった。 購入した価格が安めなので仕方無いけど、強い光源があるとモヤが発生する。

霧が発生しているように見えるけど、実際は晴天下。 結構酷いレベル、購入する際にレンズをマウント側から覗いてみたけど、カビは発生してなかったので、 安心していたんですけどね・・・。

PhotoshopLightroomで補正すると、多少目立たなくなります。

 

被写体によってはそれ程気にならないレベルだったりしますけど・・・

全部補正してみます。

 

逆光だと、なんだかホラーゲームの画面みたい。

補正入れすぎて、若干インチキ臭い感じに。

 

これはこれでソフトレンズと割り切ればよいんですけど、 結局それはポジティブシンキングで、実際は解像感があった方が良い。

強い光があると、その部分の周りが強烈にモヤが出るので、 レンズの何処かで光の乱反射が起こっている感じなのかな? コーティングが変質しているのだろうか・・・  

このレンズは、絞りのみ本体側で制御出来ますが、フォーカスはマニュアル専用です。

さてどうしようか、1週間以内なら返品可能だけど、そもそもこの時代のズームレンズはこの程度なのかね?

[…]

Tamron SP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1

今日の午後3時位からは風が随分おさまって来たので、少し外へ出て買ったレンズを試してみた。

Tamronの90mmマクロは値段がソコソコ高いだけあって、 問題は無さそうだ。 しかし、評判良いだけあって良く写る。 収差も殆ど無い、マクロレンズだから当たり前か・・・

やはり、マクロレンズはAPS-Cだと90mmとか100mm付近が使い易い。

こりゃ便利に使えそうなレンズだ。

いいね!0

会社の行事の帰り道

ふと寄ったカメラ屋さんの中古コーナーで、委託品のレンズが安く売っていたので、 寄った勢いで買ってしまった。

TAMRONのSP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1とTokinaのAT-X24-40mm F2.8。 どちらもKマウントで、90mmの方は1世代前のレンズ、現行のレンズと比較してコーティングが違うだけで、 設計は同一。

Tokinaの方は少し古いレンズだけど、F2.8の通しで明るいズームレンズ。 何か製造年月日によってはレンズが変色するらしいが、私が購入したレンズはそういった 劣化は見受けられなかった。

TAMRONの90mmのマクロは有名ですね。 こちらは13680円で購入。

Tokinaの24-40mmF2.8は、5250円、素材が金属なので重いけど質感が良い。

両方とも購入前に状態を確認したけど、カビは発生していなく、 気になるチリ等も入ってなかった。

[…]