いつでも里親募集中

最近のコメント

18切符で日帰り旅行(その4)

18切符で日帰り旅行(その3)の続き。

川原湯温泉トンネルを抜けました。

川原湯温泉ついてから天候も回復したので、もう汗びっしょりでした。

トンネル出てから300m位で、川原湯温泉入口に到着します。

[…]

18切符で日帰り旅行(その3)

18切符で日帰り旅行(その2)の続き。

時間が押していたので、不動大橋を引き返します。

帰りは長野原草津口側の歩道を進みます。

反対側も高すぎて怖いw

[…]

18切符で日帰り旅行(その2)

18切符で日帰り旅行(その1)の続き。

11時12分に渋川駅に到着し、11時16分発の吾妻線大前行きに乗り換えます。 しかし、群馬県を走る列車の殆どが未だに115系だらけですが、 子会社に鉄道製造会社があるJR東日本の場合は、 中央線のようにある時を境に一気に置き換えが進むと思いますので、 なるべく早く乗っておいた方が良いです。

11時25分頃に長野原草津口駅に到着、 長野原草津口で後からくる特急草津の待ち合わせをします。

以前は特急草津は万座・鹿沢口駅まで走っていましたが、 旅客数減の影響で長野原草津口までです。

[…]

吾妻線を行く(後半戦)

5分程で樽沢隧道の真下に到着。

ベンチがあって、電車が来るまで座っていられるようになっている。

ダイヤを確認した、15分程度でやってくるらしい。 それなら待ってみよう。

丁度渋川方面に向けて電車が通り過ぎた。 天気の状態が宜しく無かったので、シャッタースピードは遅め。

喉の渇きが限界に近く、脱水症状も起こりそうだったの、電車を見送って直ぐに川原湯温泉方面に向けて歩き出した。

現在地も沈むらしい。 その後、道路脇に蕎麦屋があり、そこに自販機が設置してあった。

この時ほど、簡単に飲み物が入手できるありがたみを感謝した事は無いだろう。 2本程買っていたら、蕎麦屋のおばさんと目が合った。

飲み物を飲みながら、滝見橋を渡った。

ようやく、川原湯温泉駅へ戻ってきた。 これから川原湯温泉へ向かう。

元々、駅近くに温泉が在ったのだろうと思うが、この付近一体がダムに沈む予定の為、 山の上の方に移動している。だから、川原湯温泉駅を降りても、温泉街までは10分以上歩く。

入り口付近はもはや温泉街の賑やかさは全くと言って良いほど無い。

もはや、八ッ場ダムの建設が中止になろうと、温泉街の人たちにとっては 全くと言って良いほど関係の無い話だろう。

逆に本当に中止になるのなら無駄に移転させられ、活気が無くなっただけで迷惑な話だろうと思う。

グングン登っていきます。

古い橋を渡ったところから、要約温泉街っぽくなってきます。

だが、この吾妻線一体は温泉地の宝庫と言う事もあり、態々寂れた温泉街に行こうとする人は少ないのだろう。

共同浴場の王湯に入った。300円で入れるのだが、ロッカーに鍵は無いし、 鍵付きのロッカーは100円で有料だが、流石に危険なので有料ロッカーを使った。 浴槽は小さいのが1つで、洗い場も1箇所しかない昔ながらの共同浴場のようだ。

石鹸やシャンプーも無いので、とりあえずタオルで何もつけずに洗って入ったが、 源泉掛け流しで硫化水素の臭いもして一泉質はかなり良いが、 源泉は71.6度とそのままなので加水しないと確実に火傷する。

だから、注意書きで「加水しないと熱くて入れませんので、水を止めないでください。」と張り紙してあるが、 加水自体がマナー違反と思っている高齢者が止めてしまうらしい。

しかも、天上天下唯我独尊なシルバーモンスターと呼ばれる人と言うのは、兎に角人の話を聞かない。 まぁ、天上天下唯我独尊と言う言葉は一般的には本来とは違って意味で使われているが、 彼らは自分が間違っているかも?という発想が無く、逆に説教とかしてくるから手におえない。 こんなモンスターの存在のお陰で集客力を落とした観光地や温泉街も少なくは無いだろう。

そんな話は置いといて、加水してても非常に熱いので、15分程度浴槽を出たり入ったりを繰り返して 出たが、よくよく見ると露天風呂もある。

だが、露天風呂へ行くには服を着て移動しなくてはならなく、しかも露天風呂側のロッカーは鍵が無いので、 諦めて出た、何と言う不親切な構造かと思ったが、そもそも共同浴場って地元向けに作られている物だからな。

駅への帰り道、非常に人懐っこい猫と遭遇。

暫くかまってもらったが、後ろ髪を引かれる思いで駅へ向かった。

[…]

吾妻線を行く(中盤戦)

こちらは渋川方面。

自分以外誰もいないホームというのも、また格別の時間だ。

やっと電車がやってきたので、乗り込みます。

13時53分郷原発

14時09分川原湯温泉着

前の旅行で代行バスに乗った苦い思い出のある駅。 しかも、あと数年で廃駅となり、もしかしたらダムの底へ沈むかも知れないという悲しい未来が待つ駅。

この風景も数年で見られなくなると思うと、色々考えさせられる物もあります。

どの辺りが沈むのか載ってます。 さて、このまま直ぐに川原湯温泉に行っても早いので、少し時間潰ししましょう。

吾妻渓谷という遊歩道があるので、そこを歩いてあの日本一短い樽沢隧道でも行ってみましょうか。

この看板の先に見える陸橋もダムへ沈むか、もしくは使わなくなるのでしょうね。

そう、この時自分は重大なミスを犯していた。 飲み物を駅で買っていなかったのだ。 だが、時間が迫る焦りで足は先へ向かっていた。

遊歩道と言うよりも、実は山道に近い状態だった。

あの高さまで沈むのだろうか。

木々が生い茂り、かなり暗くなってきました。

感度を上げて撮影、こんな時高感度耐性が高いK-xの強みが発揮されます。

沢に出たが、この水は飲んでも大丈夫なのかと真面目に考えた。

都会のように、直ぐに自販機がある状況というのは凄く幸せだと感じた。

結構道が崩壊して補修されている箇所も多かった。

とりあえず、見晴台に登ってみよう、喉は渇ききっているが、そこは根性だ。

見晴台では先客が1人いたが、自分は喉の渇きもあり、直ぐに降りた。

この吾妻渓谷も歩道はしっかり整備されている方だが、急な斜面に作られた歩道なので、 過去に何人も滑落死をしているみたいだ。

ようやく、鹿飛橋に到着、後はこの橋を渡って階段を登ればそこは国道145線だ。 国道に出れば自販機位はあるだろう。

有名な場所らしく、人が引っ切り無しに来ていた。

素晴らしい風景だ、ここもダムが完成したら沈んでしまうのだろうか?

国道から直ぐなので、非常にアクセスが良い。

[…]

吾妻線を行く(前半戦)

さて、今年も18きっぷを買ってしまったんですけど、1回目は八ッ場ダムで沈むとされていた、 川原湯温泉付近を散策しに、群馬県の吾妻線を走破してきました。 以前も草津温泉へ行くために吾妻線で長野原草津口で降り立ったのですが、 その時は帰りの電車に乗っている最中に大雨に降られ、川原湯温泉で代行バスで渋川まで行った苦い思い出がある路線です。

先ずは、旅情気分を満喫するために八王子に出て八高南線で高麗川で乗換え、 ディーゼルのキハ110系の八高北線で高崎を目指しました。

八高線って他の私鉄への乗換え駅も多いので、もう少し本数を増やしても良いような気がしますね。

高崎でイベント列車が停まっていて、多くの人が写真撮ってました。

115系の吾妻線10時49分発の大前行きへ乗り込みます。

途中の小野上で上りの特急草津の通過待ちを行います。

ダムがどうなろうが岩島から長野原草津口はルート変更が決まっているため、 既に岩島から少し進んだ箇所では橋が完成してました。

水分高い橋が架かっていますが、かなりの高さまで水が来るんですね。 勿論、ダムが完成すればの話になりますけど。

こっちは長野原草津口側です。

さて、今回は長野原草津口は降りないので、更に先へ進みます。 前回もダイヤの都合上で先に終点まで行きましたけどね。

吾妻線の終点、大前に到着。 駅前の嬬恋温泉つまごい館があり、折り返しを待つ時間で日帰り温泉も楽しめますが、 今回は川原湯温泉に行くので、寄りませんが何時か行ってみたいですね。

大前は1日5本しか普通電車が来ないので、多少到達難易度が高く自分と同じような人が 20人位降りて駅や電車を撮ってましたw

折り返し時刻まで20分程度ですので、駅前を散策するには持って来いの時間です。

しかし一つ前の駅である、万座・鹿沢口駅には特急も終点で停車するし、普通電車も半分は折り返して高崎方面へ戻ってしまいますが、 万座・鹿沢口から大前まで3km位しかないし、折角だから大前まで来ても良いんじゃ無いかと思います。 この辺りの事情は良くわかりませんけど、自分的には謎な部分です。

駅の先には少し伸びてて、架線もしっかり張ってあるので、 延伸する予感をかきたててくれますが、 実は万座・鹿沢口駅が1面1線しか無く、ダイヤの都合上等で 7両編成の特急車両が大前まで退避して来れるようにしてあるだけです。

それなら、万座・鹿沢口駅を1面2線にすりゃ良い話だと思うんですが、 このような謎が沢山あるのが吾妻線の魅力の一つかなのかなと思ってます。

本来の計画では大前止まりの盲腸線ではなく、信越本線の豊野まで延伸する予定で、 当時の国鉄の財政状態とか、この付近の地熱が高く長大トンネルを掘るのが危険とかいろんな話で 現在の状態になっているそうです。

それなら、草津温泉を終点にした方が集客出来る気がしますし、 相乗効果で沿線にも活気が生まれるんじゃ無いかと思いますが、どうんだろうね。

詳しくはwikipedia等でご覧ください。

[…]

吾妻線沿線旅行(後半)

電車を降りて、バス乗り場へ向かいます。 13時35分発の草津温泉行きへ乗ります。 乗車料金は片道670円で、18きっぷの値段からすると割高ですが、 行くことにしました。

大体25分~30分程度で到着します。

バス乗っている最中に雨が降ってきましたが、ついた頃にはやんでいました。 バスの発着駅である草津温泉駅へ到着し、とりあえず2時をまわっているので、 お昼をとることにしましたが、何にしようかみていたらとりあえず駅の喫茶店のランチセット800円が 目に飛び込んできたので、ここにすることにしました。

さくっと、カルボナーラを注文し、アイスコーヒーを飲みながら粉チーズを沢山振りかけていただきました。 時間も無いので、すぐに食べ終わり温泉街を探索することに。

土地勘が全然無いので、暫く全然温泉街とは反対方向へ進んでいましたが、 ようやく湯畑をみつけられました。

さすが有名な温泉だけあって豪快に湧き出ていますね。 湯畑の近くには手湯や足湯があり、足湯の方は満員状態でした。

湯畑を暫く見てから、早速温泉に入るためによさそうな所を探すことにしました。 無料の湯もいくつかあるそうですが、全然見つけられませんでした。

というか、ただほど高いものは無いと言う事で、結局芋洗い状態な予感がしたので、 西の河原露天風呂に行ってみる事にしました。

さすがに温泉街だけあって、セブンイレブンもいつもの店舗と違います。 2Fには休憩所もあったりして、便利そうです。

あと少しで温泉につかることが出来そうです。

公園入り口。

そのまま、川にも入れそうな勢いですよ。 触ってみたら、普通に温かいのね。

公園内には至る所に湯溜まりが出来ていて、こっちも普通に入れそうです。 子供なんかはパンツ一丁で入ってました。

草津温泉駅から1km程歩いて西の河原大露天風呂に到着。 入浴料金は500円ですが、ロッカーの鍵で100円掛かるので実質600円です。 それに加えタオル持参じゃない場合は280円掛かります。 早速入ったのですが、この露天風呂洗い場が無いのね。 それと、掛け湯が既に温泉だったりして、良いのか悪いのか。 […]