いつでも里親募集中

18切符で行く渋川伊香保温泉(後半)

18切符で行く渋川伊香保温泉(前半)の続きです。

石段街は人が多いのですが、一歩小道へ入るとたちまち廃墟の旅館が目に付くのですが、 石段街にも廃墟と化した旅館が点々と存在します。

温泉街に来た気分がぶち壊しになるので、街全体で何とかした方が良い気がしますね。

結局、石段街の一番下まで降りました。

石段街の下にはバス停留所がありますが、 関越交通のバスはこちらの停留所へ来る便は少ないようです。 さて、今でこそ公共交通機関で訪れる場合、路線バスに乗りますが、 以前は路面電車が走っていたそうで、その昔走っていた車両が展示されている場所があるとの事で、 行ってみることにしました。

温泉街でもない、普通の道を歩きます。 しかも、雨が降ったり止んだりしていましたが、 ついに本格的に雨が降り出しました。

10分弱歩いて、見晴下付近にある路面電車が展示されている公園へ到着。

路線バスよりも便利そうですが、実際は鉄道には厳しい山岳路線で、 スイッチバック個所が複数存在して、渋川から伊香保温泉まで45分位掛ったとか。 そりゃ、路線バスで20分~25分で着くのに倍以上掛ったら淘汰されますわな。

小型の木造車両で、元々は個人宅に保管してあったそうです。 前面のライトも無い事を考えると、夜間は走ってなかったのかな?

ご丁寧に線路まで引いてあります。

さて、充分見学したので、また石段街に戻ることにしましょう。 折角フリーパスがあるので、近くの見晴下バス停から伊香保温泉バスターミナルまで戻ることにしましたが、 このバス停がひど過ぎる。

何社もこのバス停に停車するわけですが、会社によってバス停の名前が異なっていて、 フリーパスを買った関越交通バスも、バス停の標識に路線図や行き先すら載っていないので、 道路のどちらのバス停で待っていれば良いのかわからない。

一応、到着時刻はネットで見れますが、路線図が全く分からず、 どうやら私が待っていたバス停には伊香保温泉バスターミナルへ行くバスは来ないようで、 正しい方は逆側のバス停のようで、当然逆のバス停で待っていたわけだから、乗りたいバスは素通りしていきました。

まぁ、現在はマイカーや高速バスで来る人が大半かと思いますが、 ここまでバス会社間で連携が取れておらず、尚且つ「良くわからない」状態を放置しているのは、 傲慢に思えて、単純に「補助金」目当てで運営しているように思えました。

まぁ、往復の運賃で元が取れますから良いのですが、 雨の中、時間を無題にしてしまったのが悔しかったです。

という事で、仕方ないので歩いて石段街の入口へ戻ることにしました。

石段街の入口まで戻ってきました。 ここで、お腹が空いてきたので、お昼を取ることにしました。

相変わらず、少し視線を先に延ばすと、廃墟が見えます。

一応歴史ある温泉街なのにね。

[…]

18切符で行く渋川伊香保温泉(前半)

余った18切符でどこへ行こうかと考えまして、 今回は群馬県に絞って、草津温泉か八ッ場ダム建設駅が移転した 川原湯温泉辺りに行こうかと考えましたが、そういえば伊香保温泉へ行った事がなかったので、 伊香保温泉へ行くことにしました。

四万温泉も良いかと思いましたが、最寄りの駅から遠いので、四万温泉の場合は、 高速バスかレンタカー借りた方が良さそうなので、結局バスの本数が多い伊香保へ。

旅情気分に浸るために、八高線で高崎まで行きたかったのですが、 流石に単線で行き違いの停車が多い八高線と湘南新宿ラインでは時間的な面で 比較にならず、時間優先で、南武線で府中本町まで出て、武蔵野線に乗り換え、 南浦和で京浜東北線へ乗り換え、大宮からJR高崎線 快速 アーバンで高崎まで向かいました。

快速アーバンは大宮9時4分発、高崎10時15分着。 高崎では信越本線の107系が停車していました。 この車両も足回りが急行型電車再生品を使用していてかなり古いので、 後数年で見られてくなってしまうんでしょうね。

お手洗いを済ませて、上越線の10時31分発の水上行へ乗り込みます。 高崎を境に本数が激減するので、4両編成の車内の座席はほぼ埋まってしまいました。 中央本線ではかなり勢力が弱まった115系ですが、高崎より上側の路線では まだまだ走っているようです。

渋川駅に10時56分着、ここから関越交通バスの路線バスに乗り換えます。

1時3分の発車して、バスの車窓で途中の廃墟と化したレストランをみつつ、 約25分で伊香保温泉バスターミナルへ到着。 ここからロープウェイに乗れますが、生憎の天気なので、温泉街を満喫するだけにしました。 1日フリーパスを買うと、片道570円のところ往復で800円で済んで、 尚且つ割引が効く施設もいくつかあるので、フリーパスを購入しました。 フリーパスは降りる時でも大丈夫で、なんと日付が運転手さんの手書きw

伊香保温泉は榛名山の中腹に位置するため、斜面に温泉街が形成されています。 という事は、結構大変な坂が連続します。

元々御用邸があったようです。 なんで無くなったかは何となく察しがつきましたw

のっけからかなり気合の入った廃墟ホテル。 廃墟マニアにはたまりませんが、温泉街の風情ぶち壊しです。

伊香保温泉バスターミナルから有名な石段街までは近くて、 更に石段街の上の方に位置するため、直ぐに365段まで到達します。

伊香保神社で拝みました。

350m歩くと飲泉所があるので行ってみることにしました。

眼下の廃墟を眺めつつ、進みます。

煎餅屋さん多分やっていないよな。 ネットで検索すると、1年前位までは営業していたようです。

半壊していて、とても終末感が凄いです。

[…]

箱根へ秋のプチ旅行(第2回)

湯本の駅で割引券を配っているらしいのですが、 そのときはもらい忘れてきたので、普通に割引無しで ベコニア園の入園料とひめしゃらの湯のセット券を購入しました。

それでまぁ、ここからは写真を撮りまくり。 曇りで日も落ちかけていたので、シャッタースピード遅めでかなりブレブレの写真ばかりでした。

外で抹茶のソフトクリームを買ったのですが、 中にちゃんと食べれるところがあったりしました。

しかしご覧のとおり人があまりいません。

なんか、花びらが回ってて、 園内に押し花教室がありました。

閉園間近は殆ど人がいませんでした。 その後、隣に隣接するひめしゃらの湯へ。

感想としては、規模の割りに洗い場が6箇所しかなく、 並ばないと洗えない状態でした。 これはかなりのマイナスポイントですね。

それに幾らレジオネラ菌の発生が怖いと言っても かなり塩素臭い湯でした。

やっぱり基本的に循環式はダメですよ、掛け流しが良い。

また放置された無鉄砲なお子様が大勢いらっしゃり、 全然ゆっくり休めませんでした。

正直施設も全然たいした事ないのに、値段もソコソコするので これなら数百円足して前回来た湯の里おかだの方が断然良いです。 あちらは値段が高くて場所が悪いのか、結構施設が綺麗で充実している割りにあまり人がいません。

今まで小旅行に出かけると必ずと言って良いほど日帰り温泉に立ち寄ってきましたが、 宣伝しててアクセスが良いところは大抵よろしくありませんね。

個人経営レベルであまりアクセスがよろしく無いようなところは、安い割りに かなりの確率で良いところが多いです。

それでもって、湯上りに併設されたお食事所で夕食食べようとしましたが、 食券の券売機見たら殆ど売り切れだったので、湯本駅に戻って探すことにしました。 帰りのバスがもう直ぐ発車との事で、急いでバス乗り場へ向かいます。

バスはほぼ満席で、暗くてかなり急な坂を下っていきます。

箱根湯本駅に到着し、どこへ行こうか考えましたが、 そう言えば、行きのロマンスカーに乗った時に貰ってきた、 […]

房総一周貧乏日帰り旅行(その3)

内房線に乗り込んだ自分は、113系のボックス席に腰掛け心地良い揺れでウトウトしていました。 暫くして、安房鴨川駅の到着。

安房鴨川で降りてお昼がてら散策でもしようかと思いましたが、 直に外房線の電車が発車するという事で電車に乗り込みます。

発車を待っていたのはE257系500番台です。 外房線の勝浦~安房鴨川は本数が少ない為、途中まで特急が各駅に停車し各駅の役割も兼ねています。 今回乗ったE257系も勝浦から先が特急のわかしおとなる為、 勝浦までは青春18きっぷで乗る事が可能です。 113系も良いのですが、やはり特急車両に乗れるとラッキーですね。 13時39分発の電車で、勝浦には14時09分に到着します。

途中で雨が降り出してきました。

写真は行川アイランドですが、当の行川アイランドは既に閉園されており、 とても寂しい感じでした。

勝浦には、14時19分発の千葉行きの電車が停まっていて、 勝浦で降りるべきか、それとも先を急ぐべきか迷いましたが、 とりあえず電車に乗り込み時刻表とアドエスでジョルダンのβバージョン18きっぷ検索を睨めっこしたら、 勝浦で降りるとこの先かなりタイトになる事が判明し、 諦めてそのまま発車時刻を待つ事に。

朝から冷凍のアメリカンドック1個しか食べていない自分は、腹が空いてペコペコですが、 ココは我慢します。 ちなみに毎回、18きっぷの旅では、飲み物はプライオリティを上げています。 大抵電車に乗込む前に500mlのペット1本分以上は持っておく事にしています。 兵糧攻めにはある程度の自身に備蓄を備えている為持ちこたえられますが、 水分だけはどうしても必要ですので・・・ こんな話は当り前でしょうが(W

途中で乗込んできた、DQN風の男は自分が座っていたボックス席の反対側に座り、 携帯で電話してたり、窓開けてタバコ吸ってたりと、素晴らしい民度具合を見せ付けられました。 こう言った輩が少しでもいるだけで、この付近全体のイメージが悪くなりますね。 テレビでよくやる最悪の車内マナー特集をリアルで見せつけられた気分ですよ。

車内でこの先の行程を思考していました。 一度千葉へ戻って、総武本線に乗り換えて佐倉辺りへ行くか、 少し無理して成田線の下総松崎にある温泉へ行くか、 いろいろプランを考えましたが、ココはやはり房総一周と言う事で半年ぶりに銚子まで行ってみることに。 まぁ、東京湾フェリーでショートカットしているので、一周したとは言えませんが(W

15時22分に大網駅に到着。

この駅で、東金線に乗り換えます。 辺りの駅に比べるとソコソコ店もあり発展しています。 東金線の成東行きの電車到着まで20分弱の時間があるので、 写真に見える神戸屋でパンを購入。

千葉方面から来た15時41分の電車にのります。 相変わらず、113系です。

ボックス席に座り車内で先ほど買ったパンを食べましたが、 113系って長い間製造されたお陰か、バリエーション豊富なのですが、 今回東金線で乗った車両の座席の頭が当る部分が、 ビニール系じゃ無くて座席と同じ素材だったのですが、 真っ黒に汚れているの。それも少し黄色掛かった感じ。

ビニールなら拭き取れますが、布系だと年月と共に少しづつ頭の汚れが染み付いて、 嫌~な感じ。パンを食べ終わる頃にちょうど食欲も無くなりました。 東金線は数駅しかないので直に成東へ到着。現時刻は15時58分。

[…]

みちのくネタ作りの旅 第4回

福島駅、9時37分発の東北本線郡山行きに乗る為に、9時ちょうどの電車に乗る予定で、 この電車に乗れないと後々ダイヤの接続具合が相当厳しくなる為、10分前位に駅に到着。

福島交通飯坂線の飯坂温泉駅は摺上川の河畔にあり、駅の窓からの景色はなかなか良いです。 暫く外の景色を眺めていました。 すると、ホームに折り返しの電車が入ってきました。

現在の利用客数からすると2面1線と言うのは無駄なのですが、 飯坂温泉が絶頂期を迎えてた頃はさぞかし賑やかだったのでしょう。

去年の長野の旅行と同じく、当日は天候に恵まれ本当にラッキーでした。

車内は無理やりつけたクーラーが騒音を撒き散らしています。 暫くすると、運転手さんがやってきて、電車は福島へ向けてゆっくりと動きだしました。 線形が悪い為、かなり速度がゆっくりなのですが、この位の速度の方が周りの景色がゆっくり流れて見えて良い感じです。 地元の方はもっと速い方が良いかと思いますが・・・。

乗客は少しずつ増えていき、福島駅へ着く頃には座席は全て埋まって、立っている人がいる位に混んできました。

約25分で福島駅到着。

昨日時間ギリギリで写真が撮れなかった、阿武隈急行の電車。

福島駅に到着し、発車まで約10分あるのでとりあえず急ぎ足で駅舎を撮りました。 約50分程、交流型電車の719系に揺られ郡山へ向かいます。 東海道線を走っているガイコツ顔の211系にそっくりな719系ですが、東北地方のホームは首都圏と比べると低く、 大抵の電車にはドア付近にバスと同じようにステップがあるのね。 行きの郡山->福島は新型のE721系乗ったので気がつきませんでした。

E721系は床下機器の小型化と従来より直径が小さい車輪を用いて床面高さを低位置化して ステップを解消しているので乗降りし易いですが、東北の大半の電車やディーゼルカーはステップがあって、 ステップが無い電車に慣れていて無意識に乗降りしたりすると危険です。

約50分で郡山に到着。 郡山で磐越西線、10時43分発の快速あいずライナー1号、臨時喜多方行きへ乗換え。 ホームに並んであかべぇが描かれた485系に乗り込みます。

結構な混み具合で、自由席の方が殆ど埋まりました。 かなり古い車両ですが、特急型電車でアコモ改造が施されているので、かなり快適です。

車窓は最高でした、この山は磐梯山かな?

お昼を如何しようか考えて、時刻表とガイドマップ、アドエスを交互に睨めっこしてて、 ラーメンが食べたい、ちょうど臨時で喜多方まで行くし という結論に達し、喜多方まで乗り通す事にしました。

11時50分会津若松到着、ここで15分程停車して、スイッチバックして進んでいきました。

途中で車内のトイレへ行きましたが、男の小便器は綺麗だったものの、 隣の和式トイレは更新されていないのか、昔の国鉄のステンレスのトイレでした。

12時17分に喜多方駅到着。

喜多方より先は非電化区間で、ディーゼル車のみの運行です。

ガイドマップに乗ってた、喜多方ラーメン元祖の源来軒さんへ行ってみることに。

喜多方駅より徒歩約10分程度の所にあります。

[…]

みちのくネタ作りの旅 第3回

いや、眠りについたというか、妙な騒音と耳元で蚊の飛ぶ音がコンスタントにするもんだから 暫く目を閉じていたというのが正解です。

結局眠りについたのは外が明るくなってきた頃で、7時にセットした[es]とアドエスのアラーム音の合唱で 目が覚めてたのであまり寝れませんでした。

その、コンスタントに聞こえた騒音の発生源、それは・・・

旅館によくあるビールやジュースを冷やす冷蔵庫なのですが、サンヨー製でよく見ると SANYOのフォントが今現在のものと違う。 以前家にあった30年以上前のトースターのフォントと一緒ですよ。

こんな騒音を発生させている冷蔵庫は五月蝿いだけだし、 少しでも収入を増やしたい気持ちはわからんでもないですが、 極端に古い割りにメンテナンスされていない家電は とても危険なので、騒音の件を含めて嫌がらせの何事でもありませんよ。

まぁ、温泉にでも浸かれば、こんな事も忘れてご機嫌になれるかと思い、 早速準備をして、風呂場に向かいました。 風呂場へ行く途中、太陽の光で明るく照らされた館内は、昨日の夜以上に 残酷にも建物の経年劣化を感じさせられました。

そう言えば昨日女将さん、昼間は熱くて出来ないから夜中風呂掃除して 朝はお湯が熱いとか言ってたなぁと思いながら、ガタついたアルミ製の扉を開けて 風呂場に入りましたが、自分の視線の先には・・・

ネコが、いる

いやね、秘湯と呼ばれるような山奥で猿が温泉に浸かっているようなシチュレーションなら分かるけど、 建物の中でネコがいる、仮にも旅館の風呂場の中よ、しかも風呂場は1Fじゃ無くて2F、 しかもペルシャ猫のような毛がフサフサした割りとお上品系のネコ様。

予想外の展開に、かなりビックリ。 ネコの方も朝から予想外に人間が入ってきたもんだから、3秒位動きが固まって窓から逃げていきました。

全く、どんな旅館なんだよ・・・

一応窓の方に近づいて外を見てみると、確かにネコなら上ってこれそうな作りになっていました。

それでまぁ、お湯に浸かったわけですが、女将さんの言う通りめちゃくちゃ熱くて 多分46度~47度位あるんじゃないかという熱さで、暫くお湯をかけて慣らしていました。

多少慣れてきたので、勢いつけてお湯に浸かりましたが5秒位で我慢できずにお湯から上がりました。

「でもそんなの関係ねぇ そんなの関係ねぇ、おっぱっぴー」

とでもやれば冷めるかと思いやろうとはしましたが、虚しいだけなので諦めて部屋へ戻る事にしました。 相変わらず髭剃りの自販機は故障中でした。

部屋へ戻る途中で外のトイレに入ったわけですが、 トイレのドアを開けたらスリッパが置いてあったのですが微妙に位置が遠い・・・ これも新手の嫌がらせかと思いましたが、 何とか足を伸ばしてスリッパを履き替え中に入りました。

小便器は昭和の頃良く見かけた、ひょうたん型。 壁には亀裂が天井から床まで一直線にはしっていました。

部屋に戻ると、女将さんが朝食の用意をしてくれていましたが、 相変わらず料理が座椅子の位置より右より。 まぁ料理は美味しくいただき、食後にはコーヒーもサービスで入れてくれました。

そろそろ8時半になり、 後15分程度でいろいろネタが豊富すぎたこの旅館を後にを後にする事になりましたが、 逆に極端過ぎたから少し寂しい気もしました(W 対応や料理に関しては良かったので、そう言う気持ちにはなりましたが、 もし仮にそれらも酷いのなら怒り心頭だったと思います。

でもまぁ福島駅近くでのHaiCafeとこの旅館の建物内部アメニティの差。 その差は凄まじいものがあり、昭和と現在を同時に体感できた感じでしたよ。

受付でお礼を言い、飯坂温泉駅へ歩いて向かいました。

[…]

みちのくネタ作りの旅 第2回

17時30分に着き、このまま飯坂温泉へ行くのもまだ早かったので、福島駅付近を少し探索しました。 とりあえず長旅で疲れたので休もうという事でガイド本に載ってる店へ行こうとしましたが、どうも見つからない。 探しているうちに駅から数分の場所にお洒落なカフェを発見。

hai CAFEというお店。

この時は、旅館とのギャップに驚愕するとは知るよしも無かった・・・

店の中の配置は、適度にゆとりがあり、スペース効率房の自分には絶対出来ない配置だと思いましたよ(W

コーヒーとチーズケーキのセットを注文。確か780円でした。

アドエスで、福島交通飯坂線の時刻表を確認。18時25分発の電車へ乗る為に、その15分位前に店を出ました。 駅には余裕で着いたのですが、福島交通の乗り場へはどうやって行くか分からず、暫く探していたら時間ギリギリになってしまいました。

その時、偶々1000円札が無くて、沢山ある小銭を自動券売機に入れたものの僅かに足らずにアウト。 都心の電車なら今は普通に1万円が使えますが、地方の私鉄は流石にそう言った最新の券売機を入れる余裕なんかありません。 次の電車は15分後と地方中小私鉄にしては高頻度運転ではありますが、 もう電車が行ってしまうので焦っていたら駅員の方が万券をくずしてくれたのですが、 もう券を買っている時間が無く、駅員の方が気を利かせてくれて「降りる時に払って~」と行かせてくれました。

暫く元東急7000系の電車の中で、その駅員の方の気の利き方に感動していました。

ありがとう、福島交通の駅員の方

福島交通飯坂線は10キロを約25分で結んでいて、線形が悪く速度は遅くのんびり走っているのですが、 割りと高頻度で運転していて、今は観光向けの鉄道というよりは地元の方の通勤・通学の足がメインだったりします。

ちなみに、元東急7000系のこの電車。東急から譲受された際に中間車両に運転台を取り付けた車両で、 その際クーラーなしだったのですが、現在は一部車両で床置式のクーラーが設置されています。 車両の連結部分の片側にドーンと設置してあるので、トイレと間違えそうですが、結構騒音を出しながら動いているので 直にトイレじゃ無いと分かります。 東急の7000系VVVFインバータ改造車の7700系が普通の屋根に設置するクーラーなので、 そこまでのコストはかけられなかったんだろうと推測されます。 また網棚を一部撤去してクーラーの室内機が設置されています。

また、バスと同じように広告収入の為に放送に宣伝が入っていたりして、こういった所で少しでも収入を確保しないと、 地方での鉄道経営は厳しいという事がわかります。

飯坂温泉に到着。

すっかり日も落ちてしまいました。

2chのスレッドで知っていたのですが、川沿いの旅館はかなりの数が潰れて閉鎖されている状態です。 以前は多くの会社で社員旅行があり、飯坂温泉も例外無くとても賑やかだったと思うのですが、 今じゃそう言った社員旅行をする会社も激減したし、 大繁盛していた時代は黙っていても客が来るわけで、それで傲慢になった旅館や店が訪れる客を蹴散らした結果と、 実力以上に栄えてしまったのがいけなかったのかと思います。

そうして少しでも崩れると、そこから大崩落を起こすスパイラルに陥ります。 これじゃ、とても夜の温泉街を歩く気持ちにはならないです。

サスペンスではもっと賑やかそうで良かったのに(W

数分歩いて予約していた旅館に到着。

建物の前には何故か子供用のプールが・・・

ロビーに入り、部屋へ案内されたのですが、扉の目の前に洗面台があり、 最初トイレかと心配になりましたが、ふすまを開けると計12畳程の部屋がありました。

でまぁ、暫くすると女将さんが挨拶しに来て、少し暑いのでクーラーを入れるとリモコンを持って エアコンへ向かって操作しているのですが、そのエアコンは自分がこの夏に購入した、 ToshibaのRAS-221Sの隣に展示してあった、NationalのCS-22RGHではありませんか。 そもそも能力が2.2Kwのこのクラスエアコンは、6畳~9畳用なのですが、 […]