いつでも里親募集中

パラオ旅行(3日目その1)

楽しいパラオのひと時も今日で最後となります。 3日目は特にツアーを予約していないので、朝は多少ゆっくりできます。 パラオを訪れた時に来たかったKBブリッジに行き、 帰りにコロール市街に戻って、お土産を買う事にします。

3日目の朝はルームサービスを予約していましたので、部屋で食べました。 料理が部屋に運ばれてきたので、チップを払って朝食を食べました。 「食べ終わったらフロントに電話してください」 と日本語で書かれた紙が有ったので、フロントに電話したら英語でしたw

突然英語ですから、かなり焦って「Jananese」とか意味不明な事を話し、 結局電話の相手が「Finish?」と言ったので「Yes」と答えて事なきをえましたが、 英語が殆ど話せないのは正直情けないなと反省。

まぁ前持って話す内容を考える時間的余裕が有ったら良かったんですけどね。 正直、好きな食べ物を自分で選べるし、チップや電話する手間が無いので、 モーニングサービスよりモーニングビュッフェで充分だと思いましたw

そんなこんなで、フロントまで出て、KBブリッジまで向かうためにタクシーを呼んでもらう事にしました。 パラオは公共交通機関が無いため、タクシーを呼んでもらうか、レンタカーを借りるとかしないと動けないのですね。

それでもって2~3分程度でタクシーが来ましたが、のっけからドライバーが超絶親日の方でした。 私が日本人と知ると、わざわざ日本大使館の場所を通ってくれて説明してくれたり、 mp3で日本の演歌を流して、鼻歌で歌っていたりと、かなり愉快なドライバーさんだなと思いつつ、 KBブジッジまではPPRから15分程度で到着しました。

「帰りはどうするのかい?」と聞かれたので、またコロール市街に戻りたいと話したら、 何とここで待っててくださることになりました。

しかも、まだ行きの運賃を払っていない状態で、荷物も持っているわけですよ。

私が悪人ならここで無賃乗車してもおかしくないのにね。 とりあえず、30分程度見たかったので、約束の時間だけ告げてしばしKBブリッジを見学することになりました。

いいね! 0 […]