いつでも里親募集中

自宅のLED電球を交換してみました

自宅はトイレと風呂場と洗濯スペースに口金サイズE26の電球ソケットがあって、
入居時に40W型の電球をLED電球に交換したのですが、
LED電球への交換から約5年経ちここ最近はLED電球の省エネ化が進んだので、
効率の悪いトイレのLED電球を交換してみることにしました。

白熱電球からLED電球に交換する省エネに関するメリットは大きく、
消費電力が1/6~1/10程度になるため交換すべきですが、古いLED電球から新しいLED電球へ
交換してもメリットは余りないのですが、発熱量がかなり軽減されているので、
壊れにくいというのが大きいですね。

今回買ってみたLED電球は、ドン・キホーテで税別398円で売っているオーム電機の昼光色のLED電球の
LDA4D-G AH9という型番で、カタログスペックで540lmの40Wタイプで消費電力が4.4Wになります。

私が初めてLED電球を購入したのが、2009年9月27日ですので、
実に9年近く前の話になるんですね。
当時は40Wタイプで8000円程度したLED電球がシャープが4000円程度で出してきて、他社も追従して4000円程度となり、
私も興味本位でTOSHIBAのLEL-AW6N/2を3980円で買いましたが、
正直カタログスペックだけであまり明るくありませんでした。

しかし今では発光効率がより改善したOHM電機製が1/10の価格の398円で買えるようになり、
白熱電球を完全に駆逐するには良い条件になったと感じますね。

話を元に戻しますと、左が購入したLDA4D-G AH9、真ん中はTOSHIBAのLDA6N/3、右がトイレに付けていた、
アイリスオーヤマの30WタイプLDA6N-H-V13です。
ちなみにカタログスペックを信じると発光効率は以下の通りです。

LDA4D-G AH9:約122.73lm/w
LDA6N/3:75lm/w
LDA6N-H-V13:約59.1lm/w

この状況から、アイリスオーヤマのLDA6N-H-V13からOHM電機のLDA4D-G AH9に変えると、
発光効率が倍以上になるので、少しは税別398円を払うメリットがありそうです。
まぁ消費電力の差分で元を取るのは相当先になりそうですけどねw

ちなみに、TOSHIBAのLDA6N/3は風呂場に付けていますが、ソケットの形状がLED電球と相性が良くないのか、
他のLED電球だと点灯しないので、仕方なくこれを付けている状況です。

ちなみに、洗濯機前のスペースはPanasonic製のLDA6NHを使っています。

LDA6NHは40Wタイプ、消費電力6.0W、485lmですので、
発光効率が約80.83ml/wとなりますね。
洗濯機前のスペースはダウンライトですので、下方向が明るいタイプを使っています。

LED電球を比べてみると、アイリスオーヤマのLDA6N-H-V13のヒートシンクがごっつくて、
発熱が大きいことがわかりますね。

現時点でのLED電球の発光効率は120lm/w以上の製品を選ぶと
白熱電球の消費電力の1/10位となりかなり省エネに寄与しますが、
イニシャルコストも重要ですので、
ある程度はライフサイクルコストも考えつつ製品を選びたいですね。

目黒川の桜

久しぶりのブログ更新となりますが、用事で目黒川の近くへ行ったので、桜を観てきました。

まぁ、用事と言うは目黒雅叙園なんですけどね。

今年は桜が咲くのが早くて、4月には散ってしまっていて、
入学式をむかえる方にとっては少し残念ですね。

3月26日の段階でこれですから、例年よりもかなり早いです。

ちなみに株の方はここ2カ月間の日経平均株価の大暴落もあり、含み損に転落している状態です。
杉村倉庫とかニチダイのような仕手株に手を出して、損失が7桁8桁行くようなことはしていないので、
それ程大きな含み損では無いのですし、配当金や株主優待を貰っていけばそのうち
回復するかなと思います。
今年、もし確定申告前まで含み損が残っているようなら損出しして、来年以降の税金を減らす予定です。

正直、去年の株式市場が素人が手を出すには丁度良い相場で、少し調子に乗っていたところもありましたし、
今年2月の大暴落は大変勉強になりました。
また、割高だけど思惑が絡んだ銘柄を沢山持つと、凄く危険という事が身に染みてわかりました。

株式投資を始めたそもそものきっかけは、銀行の普通口座よりも配当の利回りが遥かに良い事と、
株主優待が魅力に映ったからですので、初心に帰ろうと思います。

日経平均株価が大暴落しても、殆ど下がらないのが株主優待銘柄で、
それは優待目当ての個人投資家の割合が多いため暴落時も売る人が少ないからなんですけど、
やはり優待名人の桐谷さんの助言通り、
配当金+利回りの合計が4%以上で、理論株価が割安な銘柄を100株単位で沢山持つというのは
株式投資の中では一番安全な資産運用だとわかりました。

今更ネタですが

皆既月食のスーパー・ブルー・ブラッドムーンを撮ってみました。

かなり暗いので、ISOは800、絞り値F7.1、シャッタースピードは2.0秒

本体はPENTAX K-s1
レンズはTAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO
を望遠端200mmで撮影してます。

その後、Adobe Lightroomでクリッピングしてます。

HPのMicroserverの3台目のハードディスクを載せ替えた件

ここ最近はハードディスクの価格が下落してきたので、
秋葉原へ出かけて、東芝の3TBのハードディスクを4個買ってきました。

以前NTT-Xで12980円で購入した5台あるHP Microserverのうち
3台目のマシンのハードディスクを入れ替えました。

東芝の監視カメラ向けのMD03ACA300Vと言うモデルで、
2週連続で秋葉原へ行って5980円~6480円で購入しました。

今までは仮に元々付属していた500GB×4個のハードディスクを入れて、
1.5TBのRAID-Z1を構築していましたが、
これを3TB×4のRAID-Zで9TBにします。

何時もの通りのNAS4FREEですが、特にソフトウェア側で低消費電力や静音しないと、
このハードディスクはガリガリとかなり五月蠅いです。

パフォーマンスはこんな具合、正直7200rpm固定のハードディスクとしては
それ程性能が高いとは言えない感じですね。

一応以下のようにソフトウェア的に電源管理と音響を調整してみる事にします。

 

五月蠅さは大して小さくなりませんが、
R/W性能も余り変わらない感じですw

パラオ旅行で現地のDESEKEL MARKETで買ったもの

パラオ旅行の2日目の夜にコロール市街へ夕食をとりに出ましたが、
食後は帰りのバスの時間まで余裕が有ったので、
帰りにチップ用の1ドル札を用意するために、現地のスーパー、DESEKEL MARKETで
生活必需品を買いました。

日本のハイチュウとかアルフォートとかも有りましたが、
大抵割高で、石鹸とか食器洗い用のスポンジが比較的安かったので買いました。

そういえば、白菜とかキャベツも有りましたが、日本で売っている野菜よりも
貧相なのに5ドルとか6ドルなので、かなり割高です。
これは空輸だろうから仕方無いのだろうね。
新鮮な野菜が安く買える日本はとても暮らし易いと実感しました。

ただし、酒税が安いのか、アサヒスーパードライ等は1.25ドルで売っていて
日本より安い位なのでビール好きは良いでしょうね。

このスポンジはメキシコ製で、1.95ドルでした。
日本円だと220円程度なので日本で買うのと変わらないかな。

賞味期限が短い食料品以外はそんなに高くないのですが、これは空輸と海運の違いなんでしょうね。
海運だと低コストで大量に運べるから製造国と大差無い価格で販売できるけど、
空輸だと重量限られるしそもそも輸送費が高いですからね。

ちなみに石鹸は1ドルなので現在の為替相場だと112円程度、アメリカ製で花王の商品でしたw

パラオ旅行のまとめ

12月中旬にパラオ旅行に行ってきました。
元々かなりの親日国と言うイメージがありましたが、
実際に行ってみてそれを実感しました。

成田空港~PPR(パラオパシフィックリゾート)
パラオ旅行(出発日)

ツアー参加(ペリリュー島戦跡ツアー)
パラオ旅行(1日目その1)
パラオ旅行(1日目その2)
パラオ旅行(1日目その3)

ツアー参加(ロングビーチ&ミルキーウェイ ツアー)
パラオ旅行(2日目その1)
パラオ旅行(2日目その2)

KBブリッジとコロール市街観光
パラオ旅行(3日目その1)
パラオ旅行(3日目その2)

PPR~成田空港
パラオ旅行(帰国日)

今回ポケモンGOが出来るのか心配でしたが、PPR(パラオパシフィックリゾート)では無線LANが無料で使えて、
ポケストップも有るので、一応やる事が出来ました。

今回パラオへ行ってとても良かったのですが、一応良かった点と残念だった点を上げておきます。

良かった点
・現地の方にとても親切にして貰えた
タクシードライバーも良い方ばかりでしたし、
深夜は除きますが、治安は日本と大差なく普通に安心して歩けますし、
困っていると助けて貰えたりしました。

・風景で癒された
船から見たロックアイランドとか、PPRのプライベートビーチとか
普段ギシギシした生活からするととても癒されました。
PPRの部屋は良かったのですが、部屋にアリが入ってくるのには参りましたw

・日本語だけでもかなり行ける
デルタ航空のアテンダントさんから始め、ホテルやツアー会社、
街のレストランやショップには大抵日本人がいるため、
殆ど困りませんでした。
英語を話さなくてはならない場合は、先に文章を調べておけば良いですしね。

残念だった点
・携帯電話が使えず、インターネットも劇的に遅い
ポケモンGOも起動すら苦労するレベルで、株の取引は全く出来ませんでした。
ホテルのWiFiで株価までは見れましたが、Y!の掲示板は表示すら出来ませんでしたし、
自宅にはIPネットワークカメラと学習リモコンでシーリングライトを操作できるようにしていましたが、
ON/OFF操作すら厳しい感じでした。
まぁそれはスマホを忘れて全力でリゾートを楽しめるので良い面でもありましたけどね。

・物価が高い
これは現在円安という事と、殆どの食材を海外から輸入している関係上仕方ないのですが、
日本に比べて物価が高かったです。
空港の免税店でも缶の烏龍茶が2ドルもします。
お土産を買って帰っても、余り高く見られないから正直シンドイですね。
旅行の料金も高くて、そもそも各種税金も色々と掛かり、
グァムに比べるとかなり割高になるため、パラオはグァムやサイパンと比べると
旅行者数が少ないですが、逆に環境破壊を考えると高い方が良いんでしょうね。

総合的に考えてもとても楽しかったので、多分また再訪すると思いますw

パラオ旅行(帰国日)

スーツケースを先に運んで貰えるのでスーツケースに荷物を詰め込みます。
帰国する飛行機は4時半過ぎですので、1時半まで部屋で休みます。
しかし、私は殆ど寝れませんでしたw

1時半にPPRのろーびに集合して、また日本の観光バスの中古バスに乗り込みます。
途中で4つのホテルを経由するので帰国者が乗ってきます。

リーズナブルなホテルから乗ってくるのはダイビング目的で来られた感じの人で、
各ホテルの客層に特徴が有りました。

ロマン・トメトゥチェル国際空港に到着すると、
直ぐに空港で空港利用料と環境税の合計50ドル支払い、搭乗審査を受けて待合室で待ちます。
待合室に入ったのが3時で、4時半まで待合所で待ちますが、正直眠くてしんどいです。

回りの乗客も眠くてたまらない様子でした。

イスもプラスチックなので寝れずに、飛行機の搭乗時間になりました。

さらば、パラオ共和国、成田空港までは3000km超、約4時間半です。

Continue reading パラオ旅行(帰国日)